1. Top

5月の活動報告

 もう6月も半ばですが5月の活動報告です^^;

東海岸も5月は暖かい日が続き、
餌場もいきなり急成長した雑草で足場が悪く、
芝刈り機をもって出動しました!!



4月の餌場がたった1か月で草ボーボーに^^;



5月はみんないろんな用事が重なり人手不足で、
昨日までなぜか週5,6回で活動エリアに足を運んでいました。

普段あまり行かない週末の様子も知れて良かったです。

餌の減り具合や、
どれだけ猫たちの往来があるのかも知れたので、
猫の姿を見なくなった5つの餌場を、
5月いっぱいで閉めることにしました、これで残りの餌場は12か所。

その残った12か所の中でも一番猫が集まる餌場がありました。



黒猫たちがたくさん集まるので「黒猫の楽園」と呼んでいた場所。

普段は5,6匹の猫たちが姿を見せてくれるのに、
5月の半ばに忽然と猫たちが姿を消し、
餌場には大きなラットの亡骸が2体落ちていました。

最初はあまり悪い方向に考えてもと思っていましたが、
何週間も猫を1匹も見ない状態が続くと、
死んでいたラットたちのこともあるし、
「誰かが毒を巻いたんじゃないか」と心配になってきました。

今、このエリアの地域猫たちは法的に守られていて、
市役所や保健所も耳がカットしてある猫を捕獲したり、
安楽死させてはいけない決まりになっています。

なのでもし死なされたなら、
誰かのいたずらの可能性が高いんですよね。


市がネズミ駆除の毒を巻くときはテープやフラッグの目印があります

「黒猫」つながりの報告では、
なかなか捕まえられなかった黒猫を、
ほかのトラッパーさんが捕まえてくれました!


数か月前に突然姿を見せた痩せた黒猫。
見るたびに具合が悪そうでとても心配していました。


病院に連れていくと12歳くらいと言う高齢期に入る猫で、
捕まえてみるととても人馴れしていたので、たぶん捨て猫かと。


下痢を繰り返すので現在投薬治療中です。

猫のほかに置き去りにされた犬もいました。



今まで庭に離されているのを見たことのないワンコでした。

お腹を空かせていてウチらが行くたびに吠えるので、
しばらくフードを与えて様子をみてましたが、
どうも家が空き家になっているようだったので、
念のためアニマルコントロール(AC)に通報しました。

次行った時には犬の姿はありませんでした。
保護されたのかな、家の中に入れてもらえたのかわかんない。
【関連記事】
●繋がれたまま捨てられていたワンコ
●庭に置き去りにされたほかのワンコ

昔、活動を始めた頃のこのエリアはACが全然動かなかったので、
こういう場合はいろいろと手を尽くしましたが、
今はACが積極的にパトロールや保護、譲渡をしてくれるので、
本当にありがたい、法律ってほんと大事やなーって思います。
【関連記事】
●動物を守るための法律が動物を苦しめている
●法律という共通語(アメリカの動物保護&愛護法)
●動物福祉を根っこから変えるには

・・・・・・・

「黒楽」(略しました)の猫たちのことは気になりますが、
ほかの餌場では半年以上ぶりに戻ってきた猫たちも☆





この子らのいた餌場は近くで
家の取り壊しがあったので、
それが落ち着いて戻ってきたのかな。
「黒楽」の猫たちもまた元気な姿を見せてくれればいいなと思います。

さてさて私、
今週末から早くも2度目の
レポート期間に突入します!

5月のレポート期間はレスキュー活動をぶち込みすぎて
ほんとーーーーーに大変だったので、
6月はレポート期間満了まで活動をお休みする予定です。


そぼろが「お腹なでて」攻撃で勉強を阻止してきます、かわい

6月は10日ちょっとしか活動してないけど、
すでに報告したい活動がいろいろあるので、
レポートの合間を見て順次ブログにUPしていこうと思いまーす。

スポンサーサイト

バーンキャットを牧場にお届け

 先月、ネズミ番の仕事を見つけた地域猫を
バーン(牧場/納屋)へ届けに行きました!

いつもはバーンキャット専門のボラさんに
牧場探しや搬送、セッティングまでお任せしていますが、
今回はレスキュー仲間が隣州に牧場を購入
&新居祝いにバーンキャットをリクエストされました!


ロードトリップ日和!片道3時間のDAY TRIP!

バーンキャットとは、
人馴れしていない保護猫/野良猫や
室内飼育より室外生活が向いている猫を殺処分しないで、
牧場や倉庫に里親に出すシステムです。

猫たちは牧場や倉庫でネズミ番と言う仕事をしながら、
食事や寝床、医療などのベネフィットを受ける、
いわばワーキングキャット、立派な働く猫たちです☆
【過去記事】
バーンキャット(牧場猫)って?


今回届けた子は比較的人に慣れている元野良ニャン。
【関連記事】家猫とバーンキャット。それぞれのハッピーエンド

猫は場所に馴染むので、
バーンキャットは届けたら数週間、ケージの中で過ごします。



個体差はありますが大体2週間~3週間くらい入れておいて、
「ここにいればご飯がもらえる」と猫が認識したら、
ケージから出してやります。


数日前に来たケージ飼育中のバーンキャットたち

今回ウチが届けたのは1匹ですが、
大体どこの牧場も4匹~数十匹のバーンキャットを飼っています。


人懐っこい先輩バーンキャットは一度譲渡され、
室内でのマーキングがひどくて里親さんから戻ってきた子。


レスキューをやっている友人らしく、
牧場には保護犬や保護ヤギ、保護ヒヨコもいました!!


窓越しに感じる熱い視線。保護犬は3匹いました。

ボルチモアは競馬や酪農も盛んで、
畜産動物のレスキューも意外と活発らしいです。
ヤギやヒヨコ達は倒産した牧場からアダプトされました!


まだ子ヤギ、これからもっと大きくなります!


フォスター猫の部屋にヒヨコの温室(右側)がありました!

知人の家にはフォスター猫が6匹、
自分の猫(室内飼育)が4匹、
バーンキャットが4匹いました。


この日の気温32度。冬用の温暖ハウスに入っているバーンキャット。
※電源は切ってあります

バーンキャットを引き取る牧場は冬場、
猫たちに温かい寝床を提供することが
引き取る際の条件のひとつになっています。

【関連記事】
猫の寒さ対策

友人の家は動物が寝泊まりする建物に暖房が完備していて、
それ以外にも屋外にこの温暖ハウスや、
猫が暖を取れる手作りシェルターがいくつもセッティングされていました。


キャリーの内側に断熱材を張り、藁が敷き詰めてあります
【関連記事】
外猫の越冬用シェルターを手作り


友人はすでに近所の牧場主さんとネットワークを持っていて、
これからバーンキャットが必要な牧場との仲介をしてくれます☆

今活動しているスラム街の都市開発が進む前に
すべての猫を牧場に移動させるのが
目下の目標なので
この申し出は本当にありがたいですー!!


牧場からの帰り道。田舎においしいピザ屋さんがありました!
(大学のレポート期間中に猫を届けに行ってました。
この時はまだ
翌週の再提出地獄を知らず、小旅行を満喫してます)


検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦&大学生
米国メリーランド州ボルチモア在住。シェルター(保健所)収容動物の引き取り&スラム街でのTNR(地域猫)活動など、アメリカで犬猫レスキュー活動中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.享年15-18歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、WV州で保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中! 2018年8月逝去。

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定11歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定5歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

お友達サイト
FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

アニマルレスキュー・ラジオ in USA!アメリカのレスキュー事情、動物事情その他ペットに関する情報をお届けしています。

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

Ninja Tool
http://dearpaws.blog.fc2.com/
FC2ブログ
にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


QRコード
QR