1. Top
  2. » TNR(地域猫)活動

8月のTNR活動報告

 8月のTNR/Feeding(給餌)活動の報告です。

7月の活動報告でもお伝えしていた通り、
ほかのNPO団体さんと試験的にTNR活動をするお話が進んでいます!

その団体さんは野菜や果物、花の育て方を住人の方に教えたり、
子どもたちに自然に触れる機会を作って情操教育をしていて、

「No Jail Go College(刑務所ではなく大学に行こう)」をスローガンに、
ウチと同じスラム街で活動をされています。


政府から土地を借りてビニールハウスを作っています

この団体の母体は大きな病院で、
メリーランド州のさまざまなスラム街で農場を展開していて、
中にはヤギや鶏などを飼育している大規模な農場もあるそう。


解体された家の跡地で野菜作りを子どもたちと

その農場でネズミ捕りをしてくれる猫が必要だということで、
ウチらが捕まえた家猫になれない猫たちを去勢し、
バーンキャットとしてこの団体さんの農場に送ることに。

ただ話を聞いていると、
団体職員の方の多くが猫の扱いを知らないため、

試験的に同じスラムにある農場で始めてみて、
上手くいったらほかの農場にも、
バーンキャットを派遣することになりました!!

そして地元住人の餌やりさんも少しづつ増えてきました!

ちょっと前までご自身でも、
野良猫を捕まえては不妊手術をされていたそうで、
家の前には人馴れした野良ニャン(去勢済)が常駐しています。
毎月フロントラインもしてもらっているそうです^-^


猫の皮膚病に感染してから活動中は手袋をはめています☆

こうして地元の人とのネットワークを強めて、
虐待や虐殺から猫や犬を守ることを目的にしています。

動物レスキューは犬猫だけが相手ではありません。
やはり人とのつながりやコミュニケーションも大事やと思うので、
ウチは人も好きで、動物と同じように大切やし、
これからも繋がりを広げていければと思います。

そして
ホームスティで来ていたえりちゃんも見学に来てくれました!



「日本では見ない光景なので正直、驚きました」
と話していたえりちゃん。

さまざまな社会問題に動物レスキューを通じて関われないか、
世の中にはいろんな境遇や価値観や背景のある人がいて、
こっちが無条件に受容していかないと前進しない問題があることを、

体感してもらえたんじゃないかなぁと思います。

あと、様々な理由でフィーディングがむつかしくなった餌場が2か所。


解体工事が始まって近づけなくなった餌場


もともとはこんな感じ。

ここは作業員の方に「餌をあげていいよ」と許可をもらっていますが、
廃材が多く、猫にも安全じゃないので餌場を近くに移動しました。

新しい餌場は屋根や雨除けのない場所だったので、
フタつきの衣装ケースを給餌スタンドに代用しました。


穴をあけた衣装ケースの中に餌を入れ雨風をしのぎます。

この衣装ケースは以前、
外猫の
越冬用シェルターにしていたものをリサイクルしました☆

もうひとつの近づけなくなった餌場は、
猫が急激に減少した
気になる餌場



8月の半ばに餌場の真ん前に車が捨てられ、
いつしか車の中に人が住むようになり、

ちょっとよくわからないので距離を置いています。

たぶん市が車を撤去したら人もいなくなると思うので、
様子を見ながら近くの空き家で餌やりを続けています。


壁に板を立てかけてその下に餌を置いています

8月の活動はこんな感じですが、
直近の9月の活動では新顔猫を何匹か見かけました。




この二匹は人から距離を取りますが、
しぐさから元飼い猫の捨て猫だと思います。



この黒猫は子猫4匹を従えていました。

実は今週末から研修で1か月ほどアメリカを離れるので、
その間、TNR活動ができません。

猫たちのことがとても気がかりですが、
どうか妊娠だけはしませんように、猫たち頼むよー!!


スポンサーサイト



7月の活動報告・その2

 前回からの続き、7月の活動報告です!!

7月前半は地域猫の不自然な
減少の理由の一つがわかり、
猫を守るネットワークを強めるためにも、
地域住人の方に再びフィーディング(餌やり)をお願いすることにしました。
(フードや医療費などは支給しています)


2匹とも耳カットをしていますが手前の子は現在、飼い猫。
人馴れしてそのままご近所さんの飼い猫になったラッキーな子です。


5月に整理して12か所まで減らした餌場の中で、
1か所はすぐにフィーディングをしてくれるご近所さんが見つかりました!


去年のTNR祭であらかた猫が減った餌場。
今は2匹の猫がやってくる餌場をお願いすることにしました。


あと「猫に餌をあげないで」とサインを出されたので、
フィーディングをやめていた餌場の近所でも
裏庭で餌やりをしてくれるフィーダーさんが見つかりました!



そこから50メートルくらい離れた餌場に
最後まで残っていた猫(TNR済)も7月に保護できました!



5年前のTNR祭で捕まえて不妊手術の済んだ子でした。
1度捕まえた子はなかなかトラップに入らず、
この子もこの数か月捕まえるのに苦戦しましたが、ようやく!嬉!!


この子のいた餌場の空き家は近々解体されますー。


捕まえてみると案外人を怖がらない。
この子は病院で検査を受けて、
バーンキャットになりまーす☆

7月の活動はちょっと衝撃的なスタートでしたが、
後半はそれを盛り返すような嬉しいことも続きました!

まだ現段階ではっきりしていないのですが、
緑を増やすことでスラム街の環境を改善しているNPO団体さんと、
もしかすると一緒に地域猫の活動をするかも!?


スラム街では様々なNPO団体さんが環境改善で活動をしています。
ほかにも音楽を教育に取り入れる活動をしている団体、
アートを通じて環境改善を図る団体さんなどがいます。
写真はアートの団体さんによる看板です。

(今の今までほかの団体さんを紹介していなかったとは!)

8月にはその報告も出来ればいいなーと思います!!


7月の活動報告・その1


 7月の活動報告は長くなったので、
2回に分けて書きまーす!!

野良&地域猫が忽然と姿を消した2019年・前半。


数か月ゼロ匹だった
黒猫の楽園には2匹戻ってきました!

このスラムも
都市開発が進んでこの数年は、
猫だけじゃなく人もどんどん減っていました。

顔見知りだった人たちも町を出て行っていたので、新規開拓。
(合法的に住んでそうな)住人の方に猫のことを聞いて回りました。


スクワッターさん(不法占拠者)がどんどん追い出され、
街はスラムと言うより幽霊街になりつつあります^^;


何軒目かのお宅でお話を聞いた方が、
最近この界隈で猫を捕まえている人を知っているということで、
日を改めて会いに行くことにしました!

会いに行く前からどんな人か聞いていたのですが、
猫を捕まえていたのは、
このエリアが地元ではないギャングの皆さん。
(文章を和ますため以降「わんぱくさん」と表現します)


元々いくつかあったわんぱくグループが街を去ったので、
新しく入っていらっしゃったんですかね???


5月に空き家の壁に書かれた落書き。
わんぱくさんが自分のテリトリーを示す意味だそうです。


わんぱくさん達は猫捕りに関しては素人で、
捕獲機を使わず
手づかみで猫を捕まえているみたい。
と言う事は捨て猫&人馴れした子だけ??


お話を聞いた時もキャリーを持っていはりました。

ウチも人の事言えないんですが、
みなさんの英語のなまりが強くて、
関西弁のイントネーションが出るウチの英語とで、
会話が結構チグハグ^^;


一応「捕まえた猫を売ってくれるなら私が買うよ」と伝えておきました。

猫が減った理由のひとつは分かったものの、
これ以上、この問題に介入することは出来ません。
何年通ってもアジア人のウチはここでは永遠にアウェイやし、
当たり前の事もここではルール違反になる事もありますしね。
※関連記事:アニマルポリス

決して出し渋りしているわけではないんですけど、
わんぱくさんがこのエリアに来て、
猫を取り始めたきっかけに知人が関係していたり、
捕まった猫の行く末とか書けないことが多くて・・・・。

地域猫から始まり、レスキュー活動、
(↑久々の絵文字連発!こー言う時、めっちゃ便利やな!!)

・・・夢を見ているようで、
なんかよーわからんけどイロイロ。
自分の中で上手く収めることが出来ませんでした。


それで気持ちを整理したいなーって
気分転換で行った
やモグラ叩きで元気戻って、
最終的にアメリカのAMAZONで写経にたどり着く。
("Shakyo"や”Chinese Calligraphy"で検索したら出てきます。
筆ペン付きのセットで買いましたー!)



そしたら写経がすんごく良くって!

若い時にお経を暗記した時には、
「空」や「無」って言う言葉を、
自分や人生を否定するような意味で捉えてたんですよね。

今回はね、なんかお経の意味がまっすぐ入ってきた感じ、
この二つの文字を「愛」って言葉に置き換えるともうね、完璧&無敵やん。

私もいない、あなたもいない、身体も罪もなーんもない。
(「なぜならもともと完璧やから!」←お経ハイ継続中です)

頭の中でドコとお経がどう繋がったのか上手く言えないけど、
なんかほんとすんごいイッキに腑に落ちたんですよね。
それはもう長い事たまってたが出たような爽快感。
(↑絵文字、大活躍!!)

この世界っていう夢をずっと見てたんやなって。

それやったら例えば、
この猫が減ったって言う夢を「愛」に置き換えて、
今までとは違う言動で夢を楽しい内容に上書きしていこうと。
お経には生も死も時間もないって書いてあるけど、
自分で生きてるって思ってる以上夢の中に居続けるわけやし、それなら尚更。



「生きる目的は人生を楽しく過ごすんじゃなくて、
人生と言う夢から目覚めること」
(by:般ニャ~心経)

そんなんでふと思いついたんですよね。

数年前までエデュケーションのイベントなんかもして、

今よりもっと地元の人と連携が密やったのに、
都市計画でどんどん人が減ってしまっていて、
そう言う活動をずっとしないままでいたなーって。


数年前まで定期的に開催していた
エデュケーションイベント

それでこれを機会にもう一度ローカルの人と繋がっていこうと。

今回の聞き込みをきっかけに出会った、
猫好きさんや地域猫に理解のある地元の人に、
猫のフードや医療費を支給するので、
自宅の裏庭での餌やりをお願いすることにしました!!

それでまたこのエリアの猫ネットワークが強くなればいいなと思います。

そんなこんなで長くなったので次回に続きまーす!

6月のTNR活動報告

 2019年ももう半分終わりって!?
やー、信じられない!!

6月は
レポート期間があったので
レスキュー活動に出たのは10日だけ。
その短期間の活動で3匹の妊娠猫と出会いました。




このマタニティ・サビ猫はやはり人に慣れていました。
コミュニティキャット(地域猫)にはしないで里親さんを探します。

普段から気にしてるせいもあるけど、
6月はマタニティセンサーが好調で、
お腹が膨らむ前からこの3匹の妊娠を見抜いていました。

「絶対妊娠してるから捕まえようよー」

躍起になって5月は何度も足を運び&トラップ連敗し、
ようやく6月になって保護できたのです。

自分の人生で妊娠&出産は選ばなかったのに、
まさかこんなに他猫(他人)さんの妊娠/出産に
一喜一憂&翻弄する人生になるとは思ってませんでした。

自分ではよけていこうとしても、
絶対に外せない経験や歩かなアカン道ってあるんですよね。

おかげで命の神秘に対面出来たり、
「子はカスガイ」って想いも経験できました。
人じゃなくて猫なんやけどね、ふふふ☆


時々見かけていた名札のついた飼い猫も妊娠しました。

この子のお腹は触るとポコポコと赤ちゃんのパウチを
はっきりと感じることが出来ます、もう妊娠後期。

いろいろ思うことはあっても、
飼い猫はTNRできません。

「お家でちゃんと産んでよー。
もし育てられなくなったらババ(私の事)に言うんやでー」

(↑飼い主さんとではなく、猫との約束です)

妊娠猫たち以外には
5月に続き猫の
急速な減少が気になりました。

フィーディングの時にはフードは食べ残しがないように、
猫の頭数に合わせた量を計算して
各スポットに置いていたんですが、
多くのスポットで餌が残るようになりました。





レギュラーの猫たち(不妊手術済)以外に、
捨て猫や移動してきた新顔猫も姿を消しています。

その後、6月後半をカバーしていたフィーディングボラさんから、

黒楽に2匹の猫が戻ってきたと聞いたけど、
それでもたった2匹やろ。

うーん、やっぱ気がかりです。

期末テストがあるので7月もあまり活動に出れないんですが、
地元の人に重点的に聞き込みをして
なんで猫の数が急速に減ってるのかちょっと調べてみたいなと思います。


保護したサビちゃんは不妊手術をして虫下しのお薬を投薬中ー☆

次回は久しぶりにフォスター犬たちの近況をUPしまーす!!

5月の活動報告

 もう6月も半ばですが5月の活動報告です^^;

東海岸も5月は暖かい日が続き、
餌場もいきなり急成長した雑草で足場が悪く、
芝刈り機をもって出動しました!!



4月の餌場がたった1か月で草ボーボーに^^;



5月はみんないろんな用事が重なり人手不足で、
昨日までなぜか週5,6回で活動エリアに足を運んでいました。

普段あまり行かない週末の様子も知れて良かったです。

餌の減り具合や、
どれだけ猫たちの往来があるのかも知れたので、
猫の姿を見なくなった5つの餌場を、
5月いっぱいで閉めることにしました、これで残りの餌場は12か所。

その残った12か所の中でも一番猫が集まる餌場がありました。



黒猫たちがたくさん集まるので「黒猫の楽園」と呼んでいた場所。

普段は5,6匹の猫たちが姿を見せてくれるのに、
5月の半ばに忽然と猫たちが姿を消し、
餌場には大きなラットの亡骸が2体落ちていました。

最初はあまり悪い方向に考えてもと思っていましたが、
何週間も猫を1匹も見ない状態が続くと、
死んでいたラットたちのこともあるし、
「誰かが毒を巻いたんじゃないか」と心配になってきました。

今、このエリアの地域猫たちは法的に守られていて、
市役所や保健所も耳がカットしてある猫を捕獲したり、
安楽死させてはいけない決まりになっています。

なのでもし死なされたなら、
誰かのいたずらの可能性が高いんですよね。


市がネズミ駆除の毒を巻くときはテープやフラッグの目印があります

「黒猫」つながりの報告では、
なかなか捕まえられなかった黒猫を、
ほかのトラッパーさんが捕まえてくれました!


数か月前に突然姿を見せた痩せた黒猫。
見るたびに具合が悪そうでとても心配していました。


病院に連れていくと12歳くらいと言う高齢期に入る猫で、
捕まえてみるととても人馴れしていたので、たぶん捨て猫かと。


下痢を繰り返すので現在投薬治療中です。

猫のほかに置き去りにされた犬もいました。



今まで庭に離されているのを見たことのないワンコでした。

お腹を空かせていてウチらが行くたびに吠えるので、
しばらくフードを与えて様子をみてましたが、
どうも家が空き家になっているようだったので、
念のためアニマルコントロール(AC)に通報しました。

次行った時には犬の姿はありませんでした。
保護されたのかな、家の中に入れてもらえたのかわかんない。
【関連記事】
●繋がれたまま捨てられていたワンコ
●庭に置き去りにされたほかのワンコ

昔、活動を始めた頃のこのエリアはACが全然動かなかったので、
こういう場合はいろいろと手を尽くしましたが、
今はACが積極的にパトロールや保護、譲渡をしてくれるので、
本当にありがたい、法律ってほんと大事やなーって思います。
【関連記事】
●動物を守るための法律が動物を苦しめている
●法律という共通語(アメリカの動物保護&愛護法)
●動物福祉を根っこから変えるには

・・・・・・・

「黒楽」(略しました)の猫たちのことは気になりますが、
ほかの餌場では半年以上ぶりに戻ってきた猫たちも☆





この子らのいた餌場は近くで
家の取り壊しがあったので、
それが落ち着いて戻ってきたのかな。
「黒楽」の猫たちもまた元気な姿を見せてくれればいいなと思います。

さてさて私、
今週末から早くも2度目の
レポート期間に突入します!

5月のレポート期間はレスキュー活動をぶち込みすぎて
ほんとーーーーーに大変だったので、
6月はレポート期間満了まで活動をお休みする予定です。


そぼろが「お腹なでて」攻撃で勉強を阻止してきます、かわい

6月は10日ちょっとしか活動してないけど、
すでに報告したい活動がいろいろあるので、
レポートの合間を見て順次ブログにUPしていこうと思いまーす。

検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦&大学生
米国メリーランド州ボルチモア在住。シェルター(保健所)収容動物の引き取り&スラム街でのTNR(地域猫)活動など、アメリカで犬猫レスキュー活動中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.享年15-18歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、WV州で保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中! 2018年8月逝去。

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定11歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定5歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

お友達サイト
FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

アニマルレスキュー・ラジオ in USA!アメリカのレスキュー事情、動物事情その他ペットに関する情報をお届けしています。

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

Ninja Tool
http://dearpaws.blog.fc2.com/
FC2ブログ
にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


QRコード
QR