1. Top
  2. » TNR(地域猫)活動
☆お知らせ☆

お知らせ

当ブログで人気&オススメ記事の一覧です
http://dearpaws.blog.fc2.com/blog-entry-504.html

2014年12月
日本語版の「犬エネ」も書籍で発売開始!
日本語書籍の詳細へJUMP


2014年8月下旬
英語版の「犬エネ」本が電子書籍に続き、
ペーパーブックでも発売されました!

ペーパーブック詳細へJUMP



2014年1月31日に 英語の「犬エネ」電子書籍をアメリカで発売しました!

2013年2月に756円で発売を開始しました!

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」


2011年 8月18日
アニマルレスキューラジオがituneでも聞けるようになりました!



9月は動物愛護週間の日☆

子猫3匹を保護しました

はーい、今日は最初にお知らせがふたつあります。

いっこめはSUNSHINE SMILEでラジオをUPしました!
※SUNSHIEN SMILE
https://ja.sunshinesmile.org/
もひとつ、フェリシモ猫部さんでインタビューの後半がUPされました!
※フェリシモ猫部さん
http://www.nekobu.com/blog/2017/09/post-1438.html

まさか2回も掲載してもらえるなんて!
猫部さん&武井さん、ありがとうございまーす!!


・・・・・本日のレスキューブログはここから・・・・・


先週は久しぶりにAWAY TNR。
給餌エリアじゃない所で猫トラップをしました。



この自治体は2年前までTNR禁止区域だったんですが、
条例が変わってTNRが認められたんです。

ただ、新しい条例って言うのがちょっと複雑で、
この自治体に住んでいる住人からのリクエストのみを受け付ける形で、
自治体の職員さんが前日にトラップを貸し出し、
翌日、捕まえた猫を職員さんが取りに来て、2日後にリリースするという方法。

ここでコロニー(餌場)の世話をしているのは
以前TNRをした教会の管理人さん。





管理人さんも教会に来ていた方から去年、
コロニーを受け継いでいて、
この自治体のレジデントではないんです。

それでずっと元の餌やりさんにTNRを申し込むよう頼んでいたんですが、
放置されたまんま。
ウチもちょうど猫レスキューといろいろあって、
この場所のTNRにはタッチできずにいました。



奇跡的に猫たちが妊娠せずに約1年が経ち、
「昨日、あるトラッパーさんがTNRをしてくれたんだよー」って、
管理人さんが電話で教えてくれました。

ところが喜んだのもつかの間、
翌日、また電話がかかってきて、
TNRをした猫の1匹が授乳中だったと、まじかー。


でも母猫はもう不妊手術しちゃってるし、
このトラッパーさんがすぐに子猫を探しに来れないと言うことで、
翌朝、管理人さんと一緒に子猫を捕まえに行くことにしました。


スーパーの制服を着てますが、管理人さんです^^;
※小猫は軽くてトラップが機能しません、そんな時は関連記事

この日は8月なのに気温は10度とすごく寒くて、
母親なしに子猫たちが生きているか心配でしたが、
弱っているどころか、結構すばしっこく逃げるので
泥んこになりながら、無事に全員捕まえました!!


子猫は3匹。自分でご飯食べれます、生後5週くらい?

みんな、お母さんによく似たロングコートの黒猫。
こんなちぃさいのにシャーするんです、可愛い☆

ウチの住む州では法律で生後8週未満の犬猫は、
販売も譲渡も禁止されています。

猫もこの時期に社会化を身につけるので、
最低でも生後8週までは親兄弟と離したりはしないのです。



この子猫たちと、母猫を含む人馴れしそうな成猫は
元の場所には戻さずに里親さんを探しまーす!

» 続きを読む

スポンサーサイト

8月のTNRや活動報告

8月のTNRとフィーディングは何事も無く終わりました☆

8月も旅行と相棒キャロルの体調不良で
あまり現場に入ってませんでした。
その間に先月見かけた親子猫
ほかのトラッパーさんが捕獲してくれました!



人に懐いているのでやはり捨て猫だと思います。
不妊手術と予防接種をして、里親さんを探しまーす!

今月は日本のフェリシモ猫部さんにも取材&掲載して頂きました!
猫部さん、ネコノミストの武井さん、素敵な記事にして頂いてありがとうございます!
※フェリシモ猫部さん
http://www.nekobu.com/blog/2017/08/post-1437.html

フェリシモさんで販売されている、
購入すると動物支援にもなる猫グッズがかわいいんですよね。
今度帰国する時にたくさん買おーーっと☆

・・・・

今月は、多頭保護ぎみのボラさん宅の
猫整理のお手伝いもしました。


事の発端は今年、人慣れのお手伝いをした子猫たち。



4匹とも社会化も出来ていたし、
もう新しいお家にもらわれただろうなーって、
何気に団体さんのウェブサイトを見たら、
まだ1匹も家族が見つかっていない!?

子猫はもうすぐ生後5ヶ月。
大きくなると新しいお家、探しにくくなるやん!


どうも子猫をフォスターしているボラさんが、
子猫をなかなか譲渡したがらず、
里親の申し込みを却下しまくっている様子。

このボラさんは子猫ばかりフォスターする方で、
以前から子猫をなかなか手放さず、
大きくなってから渋々譲渡する傾向があったんですよね。

去年から猫レスキューとはまだ距離を置いていて、
トラップとフィーディング以外では関わりたくなかったんですが、
たまたまご本人から「急遽、引越しをしなくちゃいけなくなった!」と、
子猫以外にも数年にわたりフォスターしている猫が
たくさんいると言うことで相談があり、
猫の整理をお手伝いすることに。


我が家には4匹。猫がたくさんいて、楽しい!

猫はどの子も手入れが行き届いていて、
手作りのベッドやおもちゃなどと一緒に来ました。
ボラさんが猫を大切にしているのがよくわかりました。

保護猫って怪我や病気をしていたり、
虐待などのレコードがある子もおるから、
気持ちが入りやすくなるのはわかります。
特にこのボラさんは子猫から世話しているし、
「自分以外にこの猫を幸せに出来る人はいない」
って強く思いすぎたんじゃないかな?

話を聞いていると無責任とはむしろ正反対の印象、
優しい人過ぎて、いろいろな気持ちや心配事も猫と一緒に
ひとりで抱えてしまったのかなと思います。

動物レスキューは優しい人や
動物に対する気持ちが強い人が多いから、
知らない間に保護ホーダーになる経緯もよくわかります。
それを理性でおさえるのも
レスキュー活動のひとつなんですけどね。

このボラさんは引越しが落ち着いたら、
猫3匹(法律で定められた頭数)を引き取り、
子猫を含むほかの猫たちは新しいお家を探しまーす☆

※関連記事
多頭飼育アニマルホーダー1
多頭飼育アニマルホーダー2

» 続きを読む

7月のTNR&フィーディング活動報告

相方がバケーションで7月は3回しか
フィーディング(給餌)に行きませんでした。



2週間ぶりに行ったらフィーディングステーション(餌場)が、
大量の放棄ゴミに埋もれていました!


最終日がなかなかイベントフルな1日で、
見慣れない黒猫が怪我を負って空き家のポーチに横たわっていました。


よく見ると首に布を巻いてます、ガーゼ?

誰かに捕まって怪我をしたのか、治療してもらっていたのか??
近所の人たちも、飼い主さんは思い当たらないとのこと。

食べ物に興味がなく、仕掛けたトラップに入らないので
手で捕まえようとしたものの、残った力で逃げてしまいました。


ウチも相方も腰が悪くて走れないため、
若いトラッパーさんがヘルプに来てくれました!


怪我のせいかも知れないけど
酔っ払いのように体をふらつかせて走っていきました。

今、まだ生きているので狂犬病じゃないと思うけど、
保護を急いだほうがいいことに間違いナシ。
現在、ほかのトラッパーさんと協力して追っています。


この動画の茶トラみたいな歩き方です(音が出ます)
動画の茶トラ猫は治療後、バーンキャットになりました


そして同じ日、別の場所にも新しい親子猫が現れました。


生後2ヶ月くらい?子猫4匹と母猫

ここは100%不妊手術が終わっている場所。
多分、捨てられたんやと思う。

もしかして人に飼われていたかも知れないけど、
子猫は急がないと社会化の時期を逃してしまいます。
8月はウチが旅行に行くので、
別のトラッパーさんに保護をお願いしています。

7月は猫のほかに2ヶ所のフィーディングステーションのまん前で
住人の方が発砲事件で亡くなりました。


街灯や電柱にお供えされたぬいぐるみや風船で、
人が亡くなったことを知ります。


写真は不謹慎になるかなと、載せるのを迷ったけど、
アメリカのスラム街で起こる日常を少しでも知ってもらうと、
どんな場所ではTNRが成功しているのか、
参考になるかなぁと思って載せることにしました。

(亡くなられた方には心からお悔やみ申し上げます)

6月にホームスティで来たはなちゃんを皮切りに、
日本からいろんな方が動物福祉のことで訪ねて来てくださって、
日本の動物福祉の現状を知る機会に恵まれました。

いろんなお話をうかがいましたが、
中でもTNR、地域猫活動が日本では
思っていた以上にセンシティブな話題であることを知りました。

このブログのTNR記事にも以前、
もんのすごく反応している方がいたのですが、
そん時は日本の事情をよく知らず、
猫嫌いな方からの憂さ晴らしメール程度に受け取っていました。
本当はTNRをやってるウチに話したいことがあったのかも知れん。

あと被災動物の情報をメインに流すツイッターにも、
TNRの活動報告を投稿していたので、
もしかしたらフォロワーさんの中にも
嫌な気分になっていた方がいらっしゃったのではと、
配慮に欠けていたなと、今更ながら反省しています。

ウチの活動拠点はアメリカの貧困地帯と言う特殊な場所やけど、
TNRが成功している一例として、
これからもブログに活動記録を残していきたいと思っています。
※ちょっと古いTNR活動の軌跡→この前後の記事です
現在は不妊手術率が98%、猫が60匹くらいに減っています。

TNRは地域差があり、変動的な活動やと思いますが、
TNRをより改良していくためにも、失敗例や反対意見は必須。
真摯に受け止め、客観的&多面的にとらえていきたいです。

ウチとしてはせっかく動物や人と関わる活動をしていて、
社会貢献や利他愛を学んでいるのに、
対立するような姿勢では話したくないなと思っております、小心者ですし。

解決策の鍵は、理解と尊重と共感!
目指すは人と動物の平和な共生、人同士も☆

つたない言葉でお耳(おめめ?)汚しになりましたが、
またTNRについても書いていきたいと思います。


最後はスーパーかわいい、きんぎょの足で締めます☆

» 続きを読む

TNR難航してますー

先月からずっと追いかけている猫がいます。

タウンハウスが密集するコンプレックスで
引越しの際に住人の人が猫を捨ててったようです。

引越しの時にペットを置き去りにするのは結構メジャーなんですよね、
前にも同じ理由でこの場所から猫を4匹レスキューしてます。
関連記事→


餌を与えている友人撮

いつもお腹をすかせていて、
ゴハンをもらう時は足にすりより、撫でさせてくれるそうです。
このコンプレックスの住人からはルルと呼ばれてかわいがられています。

しかし後ほどわかったことなのですが、
ルルは耳カットをしてるんです、それすなわち去勢済み!

一度トラップに捕まった経験があるせいなのか、
ルルはどんなにおなかを空かせても、トラップには絶対入らない。
(トラップを仕掛ける前夜から食事を与えないようにお願いしています)


外からトラップに手を突っ込んで新聞紙を引き寄せ、
餌を食べて逃げてきます


なのであまりトラップを置いていても効果がないので
1週間に1回の割合で仕掛けに行ってるんですが、
ルルの警戒心は強くなるばかり。
トラップを完全に素通りし、外から上手に餌を取って逃げていきます。

そして今回、悩みの種はルルの警戒心だけではありません。

アメリカはちょうど6月から夏休みに入るんですが、
このコンプレックス、子供たちが多くてウチらが到着すると
物珍しそうに集まってくるんです。

「騒ぐと猫が逃げるから」と説明すると「わかった」と言うわりに、
好奇心旺盛な子供の数は増えていくし、
ゾロゾロついてくる子供たちに困ったウチらは、
フィーデイングエリアで大人に絡まれた時に使っている最後の手段、
「お金あけるからどっか行ってね」作戦の子供バージョンを試すことに。



「お菓子あげるからどっか行ってね」作戦

ところがこの作戦が大失敗!

みんな完全に懐いてしまって、そばを離れてくれません。
しかも猫を見つけると「いたよー」って追いかけるんです。
きゃー!きゃー!手伝わなくていいからー!!
おばさん、君たちをトラップに入れてしまうよ!!



続く黒星。空のトラップほど重いものはありません

そんなこんなでルルはいろいろ学習して
ウチらが行く日はまったく姿を見せなくなりました。

今、ちょうどパートナーがバケーションでいないので、
今週いっぱいまで2週間、クールダウンでTNRを一旦お休みしてす。

ルルはすでに去勢されているけど、
雑木林を寝床にしているみたいで
早く捕まえて、新しい家を見つけてやりたいです。

作戦を練り直して来週また出直します!


そろそろドロップトラップを出動させようかなぁ~
※トラップの種類?>>>先週末のTNR祭り

» 続きを読む

6月のTNR&フィーディング報告

6月初旬のフィーディングには麻布大学の獣医学生はなちゃん
姉妹州委員会の委員長と見学に来てくれました!!


フィーディングパートナーとはなちゃんと3人で記念撮影。
(安全な場所で撮影しています。それ以外は車中からの見学です)

委員長「ももちゃんが保護された場所を見たい!」と、
車から降りて現場の写真を撮影されていました、母は強し!


出勤前でスーツ姿の委員長。
あまりにミスマッチ過ぎて、荒れた給餌場所が植物園に見えます(笑)。


今月は新顔猫も2匹、見かけました。
写真を撮れた1匹は首輪をしていました。
人慣れしてないけど、誰かの飼い猫かな?
今月、2度ほど餌を食べにきました&引き続き様子を見ます。


引越しなどの時に首輪をつけたまま捨てられる子も少なくありません。

あとは猫ではありませんが、
市が立ち退きさせた空き家に犬が残されていました。


ちょっと乱暴な子なので柵ごしにウェットフードを投げて与えました。

元気そうでしたが水やフードも置いてないし、
アニマルコントロール(動物管理局)に連絡しました。

フィーディングやTNR以外に今月は
搬送や子猫の社会化、フード支援などのお手伝いをしました。


忙しすぎて車の中も頭もこんなカンジでこんがらがってました

この春、フィーディングエリアで生まれて、
兄弟が全部死んでしまった子猫は
NY在住の希望者さんにもらわれることになりました!


数名のボランティアと協力してNYまで搬送しました

新しい飼い主さんはペットの譲渡情報サイトで子猫を見つけ一目ぼれ。
遠路メリーランド州まで子猫に会いにきてくれました。
(同じ日に子猫を譲ることはしません)

その気持ちがすごく嬉しいです、幸せになるんやで^-^


別のエリアで保護された野良の子猫4匹のお世話をしています。
かわいい顔して野生味あふれていました。
子猫たちのペースで人慣れ&社会化させています。


3匹は慣れてきていて譲渡可能ですが、
残る怖がり兄弟1匹のために、まだ募集をかけていません。
みんな、NYの子猫に続き幸せを掴むのだー!


もう1件、別エリアで今月ずっと追いかけている猫がいます。
かしこすぎてまだ捕まえられてません。
また次回、報告します。




Pic copyright:✿ nicolas_gent ✿


検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦
米国メリーランド州在住&アニマルレスキュー団体とシェルターの収容動物の保護&一時預かり&しつけ直しやTNR活動など、アメリカの動物福祉を勉強中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。申し訳ありませんが記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.推定13-15歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、ヴァージニア州のレスキューに保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中!

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定10歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定4歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

お友達サイト
FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

アニマルレスキュー・ラジオ in USA!アメリカのレスキュー事情、動物事情その他ペットに関する情報をお届けしています。

米国発!連載コラム「犬を知る!」

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

Be Mine. 2.14 動物達のバレンタインデー! by Big Tree for Animals
にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


QRコード
QR