1. Top
  2. » 日本のアニマルニュース
☆お知らせ☆

お知らせ

当ブログで人気&オススメ記事の一覧です
http://dearpaws.blog.fc2.com/blog-entry-504.html

2014年12月
日本語版の「犬エネ」も書籍で発売開始!
日本語書籍の詳細へJUMP


2014年8月下旬
英語版の「犬エネ」本が電子書籍に続き、
ペーパーブックでも発売されました!

ペーパーブック詳細へJUMP



2014年1月31日に 英語の「犬エネ」電子書籍をアメリカで発売しました!

2013年2月に756円で発売を開始しました!

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」


2011年 8月18日
アニマルレスキューラジオがituneでも聞けるようになりました!



9月は動物愛護週間の日☆

子猫シーズン、始まりましたね

Happy St Patrick's Day
(ウチもよく知らないんですが・・・。緑の服を着る日?→wiki


©geraldbrazell

先週くらいからようやく春めいてきたと思っていたら
すでに子猫シーズン(猫のお産時期)が始まっているようです



実は今月、亡くなった母から引き継いで従姉妹が飼ってくれていた
22歳になる猫が日本で亡くなりまして、
大往生なのはわかっているんですが、
寂しさのあまり、猫恋しいモード爆発中

今いるフォスター猫たちを全部まとめて引き取る勢いのウチを
どうにか主人がなだめてくれてるような時に、
こんなかわゆい子猫たちをフォスターしたら、、、、。
間違いなくダースで子猫をキープし家は猫屋敷に、
ウチは猫ババァになってしまう

でもにゃー、猫欲しいにゃー
(おかしくなってる)

日本では京都市の猫への餌やり禁止規制が話題になっていますが、
京都在住だった母が近所の人と地域猫をやっていたりして、
この規制の行く末を静観しております。

動物の苦情に対応し、
短絡的に問題を削除する事は意外と簡単かも知れませんが、
動物愛護の活動はきちんと取り組めば
地域の安全や環境衛生の向上にもつながると思います。

動物愛護を動物福祉に、そして地域活性化に。
アメリカのこの州でも実現化してきている事やから
日本風にちょっとアレンジすれば可能なんじゃないかなぁと良く思います。

モチロン、動物愛護活動の方、地元住人の方、自治体、そして企業の
譲歩や協力が必須になってくるとは思いますが、
人同士が繋がり、理解しあえば
そこには動物たちも安全に暮らせるスペースが自然と出来てるように思います。
(部外者の絵空事に聞こえたらごめんなさい)


アメリカでは猫のお産シーズンのこの時期、
いろいろな不妊手術の助成やキャンペーンが開催されます。


京都の餌やりも気になっていたので
今年はペットショップのこんなキャンペーンに目がとまりました。



「野良猫に餌あげてる?」と呼びかけ、
「あなたが餌をあげている猫を無料で不妊手術&予防接種します」キャンペーン。


ウチもアメリカでTNRなどやっていて、
自分と意見や感覚が違う人や地域性と接する時は、
大変な事もたくさんあります。

動物とは全然関係ないのに派閥や人種差別や貧困、
政治や犯罪も全部しっちゃかめっちゃかになって
「あーーもう、猫抱っこして寝てたい!」って思ってても
人同士が交わり始めると物事は思いがけず好転し、
一人では不可能なミラクルが起こるように感じています。


京都の餌やり規制にもきっと、
関わる人たちが折衷案と言うミラクルを起こすと信じています。





RIP.BOTANN.Since1993~2015 in Kyoto






スポンサーサイト

台風上陸!ペットはお家の中へ!

日本に大型台風8号が接近
暴風域に入った沖縄、
そして九州、四国、近畿地方にも上陸する可能性があります

悪天候時に迷子になる犬猫がたくさんいます。
飼い主さんが思う以上に、
や風、雷を怖がる動物がたくさんいます。

(もし迷子になったペットがいる場合は天候の回復や
動物が自分で帰ってくるのを待たずに
お近くの保健所と警察署に届け出をしてください。
動物の収容期間や公示期間に制限があります!

全国保健所一覧(HWJさんより)
北海道~山梨 滋賀県~沖縄




外飼育の犬猫たちは可能な限り
家の中に入れてあげてくださいー。


また避難が必要な可能性のある地域の方は以下のリンク先を参照に
ペットとの同行避難の準備に備えられますようにーー。


・・・ペットとの同行避難・・・

※ペットと防災お役立ちリンク集
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10862112130.html
※peppyさんより
http://www.peppynet.com/camp/09bosai/
※横浜市のペット同行避難、防災パンフ
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/hokenjo/genre/doubutsu/pdf/saigaiji.pdf
(全国の自治体からペット同行避難のガイドラインが無料で提供されています。
ぜひ一度検索してみてください)
※チーム福猫さん(猫の同行避難)
http://fukuneko311.blog.fc2.com/blog-entry-316.html
※ペットの命も尊い命ですさんより(ウサギとの同行避難)
http://preciouslife1122.blog.fc2.com/blog-entry-9.html
※にくきゅう手帳 ペットと安全に避難するために
http://dear-paws.com/bousai/
※BIG TREE FOR ANIMALSさん
http://bigtreeforanimals.org/emergency-preparedness/pets-at-home-card/


2011年の引き取り数17万頭。約2.5万頭減少

今月環境省が発表した2011年の犬猫の引き取り数が、
前年の20万頭台を切り、17万頭台になったそうです


前年度より2.5万頭減少、すごーい!!

※環境省
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/

譲渡数も大分と上がっていて
保健所職員さんの努力や、動物福祉の周知が
日本でも上がってきていることがわかります、嬉しい

(都道府県別など詳細は環境省のページから見れます)


年間の殺処分率も年々減少しています(環境省より)

猫はまだまだ引き取りも殺処分率も高いので、
これからもっともっと改善の余地があると思います。

アメリカの成功例を見てみても猫の殺処分率は
TNRと不妊手術の実施で随分と下げることが出来ると思います。

この調子で飼育放棄や殺処分率がゼロになり、
返還や譲渡率がUPしますようにー!!

日本で生後56日以下のペット取引禁止???

日本で生後56日未満の犬猫の取引が禁止になったそうです
http://headlines.yahoo.co.jp/



今まで生まれて間もない動物を販売していた
ペットショップやネットでの取引もこれで規制がかかる訳ですが
よくよく記事を読んでみると

>法施行後の3年間は「生後45日」とし、
>その後は「生後49日」とする。
>施行後5年以内に環境省が調査し、
>「生後56日」が適切かどうか検討する


って結局まだ
生後56日かどうか決定してないってことですねー

(元記事でここに生後56日は8週ではないと書きましたが
計算が得意なお友達が8週齢は56日と教えてくれたので削除しました)

ちなみにアメリカでは56日齢(8週齢)よりも12週齢を取る州もあります



アメリカでは見かけないほど幼い犬猫を売る日本のペットショップ

&記事に出てくる「生後49日が社会化に妥当」とかゆってる専門家の方。
「49日」が妥当と言う根拠もきちんと教えて頂きたいなぁと思います。
※動物に必要な社会化期読む?→HERE


日本はペット産業の裏側がいろんなところと繋がっていると聞きます。
記事には餌代を抑えるためと触れていますが、
幼齢ペットが売れないことで困る方がたくさんいらっしゃるんだろうなーと、
相変わらず確信に触れない報道や記事の曖昧さを実感します。
※どうして海外では禁止?ペットの生体展示販売→HERE



アメリカで的齢と言われる年齢の子が
日本ではセールで販売されています、残念


少しずつ法律も改正されてきていますが、
45日なんて今までと何ら変わりのない日数のように思えます。
日本のペット事情はまだまだ人目線と言うか、
諸外国に比べて動物を生かすことに貢献しながら利益を得ると言う
ペット産業の図式が完成していないんだなーと少し残念です。
※アメリカのペットショップってこんなの→HERE



アメリカのペットショップは生体展示販売のかわりに
保健所や動物愛護団体さんに場所を提供し
ホームレス動物の譲渡会を開催しています


ペットブームを見てもわかるように
日本には動物が好きな方が多いので、
国そのものが1日も早く動物に優しい国になることを願います

ペットショップで譲渡会 in JPN!!

【追記】この保護されたワンコ達は、
仕事を辞めたブリーダーさんから保護した犬だそうです^^;
保健所からではないそうですが、
ペットショップが譲渡会の場になることに繋がることを願います。

・・・元記事・・・

日本のペットショップペッツファーストさんが、
にゃんと保護犬の譲渡会を開催されるそうです
※Dog Cliopより
http://dog-clip.com/life/4343.html

生体展示販売が主体の
日本のペットショップで譲渡会とは、
これは動物愛護先進国へ向けての大きな1歩になると思います
※生体展示販売をしないアメリカのペットショップ
http://dearpaws.blog.fc2.com/blog-entry-43.html


ウチもいつか日本で生体展示販売のない、
そしてアニマルレスキュー団体や保健所と連携した
自然派でエコなペットストアを作りたいと思ってます

京都ですが場所はあるんですよね、誰か一緒にしませんか?
(↑ちょいまじ)
検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦
米国メリーランド州在住&アニマルレスキュー団体とシェルターの収容動物の保護&一時預かり&しつけ直しやTNR活動など、アメリカの動物福祉を勉強中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。申し訳ありませんが記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.推定13-15歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、ヴァージニア州のレスキューに保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中!

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定10歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定4歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

お友達サイト
FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

アニマルレスキュー・ラジオ in USA!アメリカのレスキュー事情、動物事情その他ペットに関する情報をお届けしています。

米国発!連載コラム「犬を知る!」

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

Be Mine. 2.14 動物達のバレンタインデー! by Big Tree for Animals
にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


QRコード
QR