1. Top
  2. » 我が家の犬猫たち

伏せ寝が出来る老犬用クッション

大雨でまたまた停電していました!


倒れた木で電線が切れるのが主な理由です

今回は6日続いた冬停電よりは短い、2泊3日。

停電になると電力会社のappで
いつ復旧するかチェックできるんですが、
それが2時間後、6時間後、明日、
そして最後は「わかりません」ってどんどん予定が更新され、
予想より被害が大きくて結局、3日間停電していました。


赤ちゃん猫4匹は別のボラさんちに避難させました。

冬の停電ほど厳しくはなかったけど、
それでもちょうど熱波と重なっていたので熱帯夜がひどく、
初日の夜はどうにか氷とキャンプ用の扇風機でしのぎました。

でもこれ以上停電が長引いたらひなたが暑さに耐えれないなと、
翌朝、発電機を買いにDIYストアへ。

(こんな停電の多い地域で今までよく買わずにやりすごして来たなぁ)


発電機はめちゃんこ重い、70キロ。
夫帰国中なので買い物はお友達に手伝ってもらいました。


ひなたは普段クッションを使って姿勢を調節してるんですが、
そのクッション素材が化繊で通気性悪いんですよね。
体に触れる部分に熱がこもりやすく、暑そうにしているひなたを見てたら、
天然素材の涼しい夏用クッションを作ってやりたいなーって。

で、発電機を買ってすぐ最近稼働率のいいミシン部再び。

人間の赤ちゃんが使う「Anti roll pillow(うつ伏せ寝防止枕)」
犬が伏せた姿勢で寝れるクッション用に作りました。


作ったのは黄色い細長い部分です。
表面は100%コットン素材の薄い布で、
中に綿のバスタオルを2枚、くるくる巻いて入れました。



上から見た図:洗えるようにカバーはきんちゃく袋状にして、
中のタオルが取り出せるようにしました


ほんまはクッションと一緒に犬のうつ伏せ寝用の枕にと、
これまた赤ちゃん用の「Anti Flat Head Pillow(絶壁防止枕)」を作ったけど、
厚みが高すぎてひなたには不評。
枕は飛行機で使うネックピロー(人用)に氷を入れて使いました。


伏せ寝やと秒速で深い眠りに入っていきました。

前回の抱っこ紐もといい、
哺乳瓶とかオムツとか、流動食とか、
老犬介護と育児って使うものが似てますよね。

両親の介護の時もそうでしたが、
犬も人も年を取ると子どもに返り、
人に助けてもらって生きてきたことを知り、
そして赤ちゃんになってまた、
神様のもとに戻っていくのかもしれないですね。

介護が赤ちゃんの誕生と違うのは、
その先に死があると言うだけで、
生命の神秘に触れられる体験であるところも育児と同じ。
そんな貴重な場面に立ち会うことが出来るのは本当にありがたいです。
スポンサーサイト

大型犬を1人で運べる抱っこひも

今月1日に我が家に来て丸10年目になったひなた。


犬を通じて仲良くなった友人たちと記念日
(2人ともめっちゃ背高いしストローラーが小さく見える)

去年4月に脾臓と腫瘍の全摘をして14ヶ月になりました。
まだまだ食欲旺盛で生きる気満々のひなたですが、
今月に入ってから出来ないことがいくつか増えました。

今まで丈夫だった前脚もついに弱くなり、
後ろ足を支えてやれば出来ていたお散歩ができなくなりました。
時々前脚だけで起き上るけど移動はできないし、
また老化がひとつ進んで、寝たきりのひとつ前まで来たなと。


今年ずっとお世話になっていたグルーマーさんが離職。
寝た姿勢のひなたを刈ってくれる人がいなくて、
今年のサマーカットは自宅でやりました。


前脚のせいで水を飲む時にバランスを崩して倒れ、
顔をボウルに突っ込んでおぼれることが増えるようになり、
怖がって自分で水を飲まなくなりました。


小皿で口元に近づけるかシリンジで。写真はバニラアイスクリームです。
※獣医さんから食欲が落ちないように、
人間の食べ物でもいいから好きなものをあげてといわれています。

そして先週、夫が出張で2週間ほど留守にする直前から、
自力で排尿が出来なくなりました。

夫と2人ならひなたを立たせて圧迫排尿できてたけど、
ウチ1人ではひなたを支えて膀胱を圧迫するのは無理!
(椎間板ヘルニアからの坐骨神経痛持ち)

それで寝かせたまま圧迫排尿をさせることになったんですが、
どうしてもコツがつかめず獣医さんへと習いに。



こんな風に風船を使って丁寧に教えてもらいました

でも結局この圧迫排尿をマスターするまでに1日2回、
合計7回もかかってしまいました。

通院が増えるごとに今まで使っていた介護ハーネスでも
25キロ以上あるひなたの体重が腰の負担になってきて、
3回目の通院くらいから本格的にヤバくなり、
次、ひなたを持ち上げたらウチも歩いてトイレに行けなくなるなって直感。

それで大急ぎで大型犬用のスリング(だっこ紐)を買い求めたんですが、
アメリカにないんです大型犬の抱っこ紐、こんな飼ってる人多いのに。

k9.jpg 
こー言う足が出るタイプはいくつかありました。
でもウチが欲しいのは全身を包んで運ぶタイプ

Copy right;DOG SPORT

子どもがいないウチでもスリングたくさん売ってんの知ってます。
スーパーでも、モールでも、オンラインでも!
赤ちゃんにスリング、小型犬にも、猫用もあるくらいやのに、
なんでひなたサイズの抱っこひもがないんや、アメリカ?
この国やったら25キロはまだ中型犬の範囲内ちゃうんかいな!?

一応日本語で検索したら大型犬用の担架はあったんですが、
1人では使えないし、6時間後には絶対いるしって言うことで、
不安しかない1人ミシン部再稼動、作ることにしました。

私は肩からひなたをぶら下げて安全に運びたいのだー!
(困った時になぜか出てくるハイテンション)

完成すると思ってなかったので
工程を写真に残してなかったのですが、
出来上がった抱っこひもはこんなカンジです。



表:布は家にあったシーツを使いました。
トラップカバーに使う予定やったので犬の抱っこ紐やのにネコ柄^^;


仕上がりサイズが約縦110cm、横90cmですかね。
肩ひもは車の荷造りに使うLashing Strapを代用しました。
(英語でWebbingって言う、リュックの肩ひもみたいな素材です)

肩ひもは1本やったのを輪っかにして表面にミシンで縫いつけ、
みどりで囲った底の部分はひなたが寝る部分なので強度を上げるため、
ひもの上から布を2枚多めに縫い付けています。


裏:ピンクの部分はフリース素材で柔らかく、少し延びます。
市販されていた担架の構造と同じように
フリース部分はポケット式でお尻と前脚を入れます。
ひなたの体型からお尻のほうを大きめにして、
布がだらんとなりやすいのでお尻がズリ落ちないないように、
ひなたを入れたらマジックテープで止めるようにしました。


そして裏面の真ん中にひなたを寝かせて、
巻き寿司の要領ですっぽりと全身を包みます。
そして肩ひもに両腕を通して持ち上げます。


正面。両肩で持ち上げ、
あとは普通の抱っこ紐と同じように両手でひなたを抱きます。

※ひなたが入っていない状態で写真を撮っています in 猫部屋

抱っこされるひなたの体勢が安定するように、
表面と裏面の生地の間にBattingと言う、
猫ベッドを作った時に使ったクッション素材を、
表裏面の布と同じサイズに切って重ね、
普通のミシンで縫えるギリギリ、3枚入れました。


掛け布団に包まっているようなカンジ。
体が中で動かないのでひなたもおとなしく抱かせてくれます。


3枚のクッション素材を表裏面の布2枚とフリースと一緒に端をグルっと縫います。
そして表に返してから、最初の写真のみどりで囲った線の上を、
フリースを縫わないように、表面と裏面の布とクッション素材を縫い合わせしました。
(こうすると中でクッション素材がヨレにくくなるので洗濯も出来ます)


クッション素材を3枚入れたおかげで
獣医さんの固い床の上でも快適そうでした。


何かあっても夫いないし、1人やし、
ウチが寝たきりになったらひなたどころか、
家にいる犬2匹と猫10匹全員が路頭に迷うやんって、
必死のパッチな気持ちだけで作ったけど、
今回はミシンの神様が助けに来てくれたと思う。

ミシン部初の超大作(大げさ)は見栄えはそこそこに、
完全ノーミスで無事に完成しました!!!!


床から持ち上げる時は腰に注意が必要ですが、
一度持ち上げてしまえば階段も楽々、
寝たきりの大型犬を一人で運ぶのが苦痛じゃなくなりました。

わははー!嬉しい!

もともと不器用でミシンも初心者やし、
決して人様に何かを伝授するほどの腕前ではありませんが、
今回、ウチも大型犬を1人で運べる介護グッズ探しに苦労したので、
この抱っこひもの作り方が、
どこかで介護されている大型犬とその飼い主さんの参考になれば幸いです。
(素人作ですので安全性は保障しません)

「こうやって作れるよ」とか抱っこひもの改良点などの
アドバイスもいただけるととっても嬉しいです!

ペットの老いのサイン

はーい、東海岸は寒波も少し和らぎ、
忙しさも落ち着いて来ました!



マウンテンカーの男の子が里親希望さんのお家へトライアルへ

犬が2匹になったので週末までちょっとゆっくり出来ます☆
(犬が1匹減るとお散歩の時間が大体1時間半/1日減ります)

戌年と言うことで前回のフォスター犬に続き、
今日は我が家の老犬ひなたの近況をUPしたいと思います。



ひなたがウチに来て今年の6月で10年になります。
推定年齢は15-17歳と言うこと。

去年、脾臓と肉腫の摘出手術をするまで本当に健康で
手のかからない子でしたが、
ここに来てイッキに老いが進んだ印象があります。
ペットの高齢表犬猫がシニアに入るといわれる年齢です
猫:ほとんどの猫種で10歳以上から

小型犬:(20LB/9kg以下)10歳以上から

中型犬(21-50lb/9.5kg-22.6kg):8歳以上から

大型犬(51-90lb/23kg-40kg):7歳以上から

超大型犬(90lb以上/40kg以上):5歳以上から

※アメリカのLBを基準にしていますKgはおおよそになります

今では2ヶ月に1度通院しています。
お薬やサプリで一時的に治したり、症状を遅らせていますが、
獣医さんには「すべて老いが理由なので完治出来ない」と説明を受けてます。

老齢のペットのサインはいくつかありますが、
ひなたに顕著に見られているのは、、、、。

1:耳が聞こえない
2:体重減少(増える子もいます)
3:毛が伸びない、コシがない
4:甲状腺機能低下(Hypoyhyroidism)
(猫はhyperthyroidism(甲状腺機能亢進症))
5:爪がもろくなる
6:リウマチ
7:咳(慢性)
8:水の摂取が増える
9:性格や生活パターン(夜鳴きや徘徊)が変わる
10:排尿や排泄が自分で出来ない
11:方向感覚がなくなる、混乱する(犬の認知症)
12;筋力低下
13:好き嫌いが激しい、食の好みが変わる
(それ以外に白内障や視力低下、歯周病、気温や天候の変化に敏感、
猫なら便秘も一般的に見られるペットの老化サインだそうです)


ひなたが基準になっているので、
12歳の黒バァとか「まだ若いなー」ってほんとに思います


人と同じようにペットも老いることはわかっていても、
この症状がこの1年近くでイッキに出たので心配になり、
たびたび獣医さんに駆け込みました^^;

でも今かかっている獣医さんに
「この子はすでに寿命を生ききっています。
残りの命は緩和ケアで痛みや不自由をコントロールしながら、
1日1日を平和に過ごせるようにサポートしてやりましょう
」と言われ、
ひなたにとっては今日が一番若い日なんやなと、
楽しいことが1つ(食事)、2つ(お散歩)ある毎日を大事に暮らしていまーす。

(ひなたは一応健康体なので
獣医さんには何も問題が起こらないようなら
半年に一度の通院&血液&尿検査を老犬プランとして提案されています。
その時々で必要ならエコーやレントゲン検査をしましょうと言うことです)


老いてからは寝ている写真が増えました!

ひなたとは話せないし、正解なんてわかんないけど、
今はもうオーガニックや療養食よりも、
ひなたが食べたいものを優先させたり、
嫌がるブラシや歯磨きの回数を減らしたりしています。

今日1日が穏やかで楽しければそれでいーのだ、老犬。

猫たちの近況

日本へ一時帰国する直前、
きんぎょがまたお布団の上にオシッコするようになりました。


バンザイがいた時もストレスでトイレ箱を使わなくなったので、
最初は犬が3匹に増えたからかなーと思いました。


ひなたそっくりのブランディ(奥)は
猫を追いかけるようになったので他のフォスターさんの家へ


でも念のため検査もしました。
年齢もそろそろ10歳になるし、猫は腎臓怖いし。




検査の結果、獣医さんに言われたのは

「あなたの猫は布の上でオシッコするのが好きなだけ」

日本語では上手く伝わらないんですが、
先生の言い方が面白くて笑ってしまいました、でも病気じゃなくて良かった^^;

それからすぐCAT LITTER ATTRACTANTと言う
猫がトイレで尿意をもよおす効果がある猫砂をトイレに追加投入したところ、
数日で布団ション癖は落ち着きました。


この時、ちょうどフォスターの子猫が6匹いました。
きんぎょの粗相の掃除以外に子猫は排泄のサイクルが早いので、
夢にも出てくるほどトイレ掃除に追われていました。


そうそう、家に猫が8匹いたのに、
家ねずみが大量発生したんですよね!!

家ネズミは小さくてかわいいんですが、
連日、亡骸が家の中に落ちているという悲劇。


普段はほんわか。我が家のネズミ捕り名人。

帰国数日前で時間が限られていたので、
ペストコントロールを頼んだら、
プロフェッショナルにも「猫がこんなにいるのに」と笑われました^^;



どうやら寒くなって裏山から暖取りで入ってきたネズミを
そぼろが屋根裏で捕まえておもちゃにしていたみたいです。
(以前から定期的にねずみは出ていました)

ちいさーな穴や屋根裏も全部ふさいで
ねずみ事件は今のところ収束しています^-^

レスキューイベントにひなたと

先週、アメリカ最大のノーキルシェルターが主催する、
レスキューイベントにひなたと行って来ました!





このイベントには飼い犬や
里親募集中の犬たちもたくさん参加していて、
最初に決められたお散歩コースをみんなで歩きます!



ストローラーで参加したひなた

結構長いコースで、4,5キロ歩いたんちゃうかな。
その途中でイベントボランティアさんから
おかしやお水をもらって、ひなたもご機嫌にしていました☆



後援のペットフードメーカーが提供しています

イベント会場では協賛している企業やレスキュー団体が出店していて、
ステージではコンテストやオークションなど
いろいろな催しが開催されていました。

ペットや動物と関係のない企業からの協賛もたくさんありました。
こうしていろんな職種が参加することで、
動物レスキューの啓発に一層効果があるんやなぁと思いました。

主催のBEST FRIENDSには莫大な寄付金が集まっていて、
それをほかのシェルターやレスキューグループに分配し、
アメリカ全土の動物レスキューを向上させていこうと言う取り組みがとっても嬉しい!

あと、最近はアニマルレスキューをしててもSNSの発達を感じます。
このイベントにも「INSTAGRAM PETS」と書かれたテントが設けてあって、
その中で犬とイベントロゴの前で写真が取れるようになってました!

インスタしてないけど初めて”インスタ栄え”をしました!



レスキューのみんなと。
この日、受賞されて補助金$500もらえたの。わーい!


あ!最新のアニマルレスキューラジオでも
アニマルレスキューとSNSのことをちょっとしゃべってるので、
良かったら聞いてみてください☆
※サンシャシンスマイルのアニマルレスキューラジオ
https://ja.sunshinesmile.org/radio/



最近、また膀胱炎を再発して調子が悪そうなひなたでしたが、
今回はお薬もイッパツで菌に効果がありました!

イベント中はストローラーから顔を出して元気ハツラツ!
いろんな人からお菓子をもらってました^-^






・・・勉強会の告知です・・・


11月3日の16時15分から新宿三丁目で勉強会をします!

くわしくは以下のサイトでご確認下さい^-^
https://dear-paws.com/study-group/



検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦
米国メリーランド州在住。シェルター(保健所)収容動物の引き取り&一時預かり&しつけ直しやスラム街でのTNR活動など、アメリカの動物福祉を勉強中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。アメリカで保護活動を進めるにあたり、どうしても学歴が必要になり、2018年秋から高卒認定試験GED受験のためブログはゆっくり更新中です。目標は大学院で、動物とより良い社会作りに貢献したいと思ってます。記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.享年15-18歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、WV州で保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中! 2018年8月逝去。

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定11歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定5歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

お友達サイト
FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

アニマルレスキュー・ラジオ in USA!アメリカのレスキュー事情、動物事情その他ペットに関する情報をお届けしています。

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

Ninja Tool
http://dearpaws.blog.fc2.com/
FC2ブログ
にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


QRコード
QR