FC2ブログ
  1. Top
  2. » 2017/12

捨てられた繁殖ワンコのオゥシー

で、週末に老犬グレンを引き取りに行ったら、
シェルターの近所に譲渡希望者がいるらしく、
変わりにこのワンコの引き出しを頼まれました。

freartftfraerga.jpg 
純血のオーストラリアンシェパード(オゥシー)、男の子&3歳くらい。

そう、この時期は捨てられるペットも増えるんですが、
ギフトとして買われる犬猫もたくさんいるんです。


(参考)アメリカの動物をギフトにしないで動物にギフトを送ろうキャンペーン☆

生体展示販売をしているペットストアがないかわりに、
クリスマスのこの時期やヴァレンタイン前には、
個人販売のウェブサイトに
子犬や子猫の販売情報もたくさん掲載されています。

ウチが引き取りに行ったWV州ではこの数年オゥシーが人気で、
ブリーディング(繁殖)が盛んに行われているそうです。
(過去にも)WV州の個人繁殖家さんの放棄犬ジンジャー

ds;dfvdgvfzsdgvb 



WV州の「オゥシーの子犬売ります」情報
(生後8週未満の犬猫の販売や譲渡は禁止されていますが、
販売や繁殖は禁止されていません)

この子も未去勢で保護されたので、
おそらく今年分の繁殖が終わり、ほかに種犬ができたので
バックヤードブリーダーが捨てたのではと言うことです。

WV州は動物放棄を取り締まる条例がないので、
みんな動物を気軽にポンポン捨てちゃうんですよね。
(参考)法律という共通語(アメリカの動物保護&愛護法)
(参考)
動物福祉を根っこから変えるには

rthsthrshsrjrtjns.jpg 

個人売買のサイトにはパピーミルを警告するポストも

WV州はパピーミルもありますが、
それよりもバックヤードブリーダー(個人繁殖家)が多い印象があります。
(参考)バックヤードブリーダってなんだ?

いずれにしても捨てられる犬猫がいる中で
計画性無く生まされている犬猫に需要があるって言うのは、
動物レスキューやってるとやはり「おぃー!」って声でそうになりますね^^;


クリスマスはアメリカで一番のホリデーで、
捨てられる動物も増えるのに、
シェルターやレスキュー団体もボランティアさんの確保が難しく、
こんな純血の子でもシェルターに残っている&殺処分予定と言う。

と言うことで予定外でしたが連れて帰ってきました。

oasefasaes.jpg 

猫テスト受けてなかったけど猫も大丈夫でした、ホッ!!

純血の子は譲渡人気も高いので
新しい家族はすぐに見つかると思います。
それまでオババ犬2匹に囲まれて、
楽しく過ごしてくれればと思いまーーす!
スポンサーサイト



検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦&大学生
米国メリーランド州ボルチモア在住。シェルター(保健所)収容動物の引き取り&スラム街でのTNR(地域猫)活動など、アメリカで犬猫レスキュー活動中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.享年15-18歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、WV州で保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中! 2018年8月逝去。

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定11歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定5歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2017年12月 | 01月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


QRコード
QR