1. Top
  2. » 2018/02

老犬たちのHAPPY END

従姉妹がひなたの介護ハーネスや
老犬介護の本を日本から送ってくれました!




ハーネスは今回もくろーどワンさんでオーダーしました!

前回オーダーしたハーネスは獣医さんにも大好評で、
ひなたを車に載せる時や外出の時に役立っています。

でも最近のひなたは痩せてしまい、
サイズがちょっと合わなくなってきていました。


初代ハーネス。ひなたは気にしてなさそうやったけど、
老犬が1日中着るには重たそうに見えました。


そこで今回は着たまま寝たり、1日中過ごせるものをと、
軽さ重視でオーダーしました。

今回もオーダーの際にはクロードワンさんにお世話になりました!
電話でひなたの現状を伝えると
「ギリギリ中型犬用のベストハーネスで作れますよ」と、
必要の無いオプションはすべてとっぱらい、
着心地を最優先しつつ、飼い主の使いやすさを追求してもらいました!




今回もひなたが試着したかのようにピッタリ☆

フュージョンメッシュと言う素材は軽くてやわらかく、なおかつ丈夫!
着脱も簡単で日々のケアがめちゃ簡単になりました。
(参考までに費用は1万円くらいでフルオーダー。
注文からアメリカまで10日くらいで届きました)

くろーどワンさん、今回も本当にありがとうございます!

で、もう一匹。12歳になるフォスター犬の黒バァ。


実はひなたが苦手な黒バァ。2匹並ぶのは珍しいー

術後の経過も良好で元気にしてますが、
慢性の耳の炎症で通院をしています。

・・・・・・

さてさて今回も前置きが長くなりましたが、本題はこっからです(!?)

数ヶ月前、ウチで預かり予定だった10歳のグレン
ウチに来る直前に譲渡されたラッキーなシニアドッグの近況が、
新しい飼い主さんから届きました!



この飼い主さんは18才の先住犬を亡くし、
最初は子犬を譲渡しようとされていましたが、
「自分たちは子犬じゃなくて老犬が恋しいんじゃないか」
と家族で意見が一致し、
高齢で持病のあるグレンを譲渡されました。

近況にはグレンが自分たちの心に空いた穴をどれだけ埋めてくれているか、
グレンを引き取って本当に良かった、
先住犬にできなかったことをグレンには全部してやりたいと書いてありました。


かわいいセーターを着ています。幸せやね、グレン。

アメリカでは成犬も子犬同様に譲渡人気があるけど、
老犬は実際なかなか厳しいものがあり、
このご家族の選択と幸せなグレンの近況は
ウチにもおすそ分けと言うには多すぎるイエーイを運んでくれました!


そしてもう一匹、ビーグルミックスのLUCKY14歳。



子どものいない老夫婦に我が子同然、大切に飼われていて、
獣医さんの履歴や写真を見ると、
ご夫婦にとってLUCKYがかけがえのない存在なのは一目瞭然でした。

ところがご夫婦がそろってアルツハイマーになり、
「もう日常生活が出来なくなってきた」
「自分たちも施設に入らなければならない」と、
苦渋の決断でLUCKYをレスキューに委譲し、里親探しを依頼されました。

グレンのように持病は無いけど年齢も年齢やし、
里親さん探しはちょっと可能性が低いけど、
ウチでホスピス的に平和に過ごしてくれればと今日、引き取り予定でしたが、
5日前にLUCKYは息を引き取りました。

1日で具合が悪くなり、獣医さんで診察を受けたりもしましたが、
翌朝に自宅で眠るように亡くなったそうです。


飼い主さんはLUCKYの行く末をとても案じていらっしゃったので、
LUCKYが自分たちに心配をかけないように旅立ったのではないかと、
とても寂しいけど、LUCKYらしい最後の心遣いにとても感謝しているとお話になりました。

家族の一員として大切に飼われていたLUCKYも
最後まで飼い主さんのそばでと。
旅立つ時は住み慣れた家からとずっと決めていたんやと思います。

きっとこれがLUCKYの選んだハッピーエンド。

ウチは動物レスキューを通じて
動物が起こす奇跡に何度も遭遇して来ました。
今回も老犬たちにたくさんの感動をもらいました。

動物達ってほんまにすごいなーって思いますが、
そんな時は必ず人の愛情もそこにあるように思います☆
スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦
米国メリーランド州在住。シェルター(保健所)収容動物の引き取り&一時預かり&しつけ直しやスラム街でのTNR活動など、アメリカの動物福祉を勉強中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。アメリカで保護活動を進めるにあたり、どうしても学歴が必要になり、2018年秋から高卒認定試験GED&SAT受験のためブログはゆっくり更新中です。目標は大学院で、動物と人にとってより良い社会作りに貢献したいと思ってます。記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.享年15-18歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、WV州で保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中! 2018年8月逝去。

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定11歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定5歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

お友達サイト
FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

アニマルレスキュー・ラジオ in USA!アメリカのレスキュー事情、動物事情その他ペットに関する情報をお届けしています。

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

Ninja Tool
http://dearpaws.blog.fc2.com/
FC2ブログ
にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


QRコード
QR