1. Top
  2. » 2019/08

きんぎょ、猫のウツ病に

 6月から愛猫きんぎょが再び、
布の上でおしっこをするようになりました。



自分がお気に入りの寝場所でもションします。

過去にも何度か同じことがあったんですよね。
一番最初は本当に結晶が出来てたり、
フォスター犬が苦手でそれを訴えたり、
柔らかい布の手触りに誘発されてついみたいな。
※獣医さんに「ただ布の上でおしっこしたいだけ」と言われた2年前。
http://dearpaws.blog.fc2.com/blog-entry-529.html

今回は粗相以外に、
突然好きなフードを食べなくなったり、
食事の影響で下痢が続いたので、病院に連れて行きました。
※関連記事:トイレを覚えない猫の言い分
http://dearpaws.blog.fc2.com/blog-entry-135.html



どんより顔でも病院ではお利口さん☆

病院であらゆる検査をしたのですが、
悪いところはなにも見つからず、
「また今のフォスター犬が苦手なんじゃないかな」と先生。
(この先生はフォスター犬の診察もしてくれています)

きんぎょがおしっこを始めたのはちょうど
ワンパク
リーフが来た頃。
※フォスター犬がストレスで粗相を始めた3年前。
http://dearpaws.blog.fc2.com/blog-entry-461.html


子犬を理由に手をかけすぎた感は否めません。
顔の皮膚病は直りました、ありがとうございます)


リーフにつきっきりの時間が多すぎたのかな・・・、

リーフのベッド、
リーフを拭いたタオル、
リーフを抱っこした時のトレーナー・・・・。


見事に全部おしっこされてしまいました。
メス猫なのにマーキング、と言うか意思表示^^;


そしてリーフがいなくなった直後に、
ウチが
夏休みで海に行ってしまい、
4日ほど家を空けたことできんぎょのストレスが爆発!

リーフはもう譲渡されていないのに、
粗相は増えるし、
何事にも無反応&無関心で、
毛は抜けるし、食欲不振やし、
ウチの枕で寝なくなったし、
そぼろ(愛猫2)に意地悪もしなくなって(!)
「全然違う猫になっていくー」って再び病院へ。


元気な時(左)と落ち込んでる時(右)表情が全然違うーー。

いつもは病院でも愛想のいいきんぎょも、
今回ばかりは見るからに落ち込んでいて、
「あー、これは猫のウツだね」って先生、まじかー。

(きんぎょは元々ウチの後ろをついて回るので
「きんぎょのフン」からきんぎょと名付けたんですが、
この時期は人にあまり近づいて来ませんでした。)

おしっこなんか
布団でも洋服でもどこでしてもいいから、
元気でジャイアンなきんぎょに戻っておくれー、わーん!!

「あまりにも落ち込みが続くようなら、
プロザック(薬)をあげましょうね」
と先生。

その前に猫の落ち込み&ストレスに効果のあるものを色々と試すことに。
※関連記事:ペットの不安軽減&リラックスグッズ
http://dearpaws.blog.fc2.com/blog-entry-544.html

地下のフォスター部屋に設置していた
猫のフェロモンディフューザーを寝室とリビングに。


この2つは違う会社ですが、作用は同じ。
&プラグインできるデュヒューザーの形も同じです。


次に投入したのはフェロモングッズの首輪バージョン。

フェロモン首輪はフォスター犬に使っていて、
今までさほど効果を感じなかったんですが、
きんぎょにはこれが一番効果があった気がします☆


首輪を半分に切ってゴムを通し、安全首輪に改良しました。

あと、大好きなブラシの時間を増やしたり、
そばにいる時間を増やしました。


2匹ともブラシが好きでちょこんと前に座ってくれます、可愛い


この顔!ようやく元のきんぎょに戻ってきました。

完全に以前のきんぎょに戻るまで2か月弱かかりましたね。
長い間しんどかったね、ピーチパイ(きんぎょなん)。

今は食欲も戻り、意地悪も復活!
粗相も新しいトイレ&場所&砂で落ち着いてくれています。


地下のトイレを1階のオフィス&犬部屋に移動しました

実は今年も明日から
姉妹州委員会の取り組みで
獣医学生のホームスティが始まるんですよね。

最初の一週間、事情でウチがホストファミリーのお家に泊まるので、
きんぎょの落ち込みが再発しないか心配ですが、

なるべく合間に家に戻ってはきんぎょをなだめたいと思います!
スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦&大学生
米国メリーランド州ボルチモア在住。シェルター(保健所)収容動物の引き取り&スラム街でのTNR(地域猫)活動など、アメリカで犬猫レスキュー活動中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.享年15-18歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、WV州で保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中! 2018年8月逝去。

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定11歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定5歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

お友達サイト
FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

アニマルレスキュー・ラジオ in USA!アメリカのレスキュー事情、動物事情その他ペットに関する情報をお届けしています。

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

Ninja Tool
http://dearpaws.blog.fc2.com/
FC2ブログ
にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


QRコード
QR