1. Top
  2. » レスキュー活動雑記
  3. » Do NOT Give Animals as Gift!!
☆お知らせ☆

お知らせ

当ブログで人気&オススメ記事の一覧です
http://dearpaws.blog.fc2.com/blog-entry-504.html

2014年12月
日本語版の「犬エネ」も書籍で発売開始!
日本語書籍の詳細へJUMP


2014年8月下旬
英語版の「犬エネ」本が電子書籍に続き、
ペーパーブックでも発売されました!

ペーパーブック詳細へJUMP



2014年1月31日に 英語の「犬エネ」電子書籍をアメリカで発売しました!

2013年2月に756円で発売を開始しました!

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」


2011年 8月18日
アニマルレスキューラジオがituneでも聞けるようになりました!



9月は動物愛護週間の日☆

Do NOT Give Animals as Gift!!

ハロウィーンが済んだと思ったら
アメリカはすっかりクリスマスムードです、早っ



そんな訳でまたまた、
過去ブログから引っ張り出してきた記事を再掲載してます。
欲張ってアメブロとヤプログ両方からFC2引越したら
なんか変な事になっちゃって、
引っ越し出来てない荷物(記事)が多いねんー、ガーン

・・・以下、再掲載ですー・・・ 
シェルターはクリスマスが過ぎる頃から、
一年で一番忙しい時期を迎えます。



と言うのも冬の間は
クリスマス
バレンタインのギフトで贈られた動物たちが
わんさとシェルターに持ち込まれるのです。





「サプライズでもらったけど飼えない」

「性格があわない」

「実際に飼うとアレルギーが出た」

「部屋に猫のトイレを置きたくない」

「大きくなって可愛くなくなった」



理由はそれぞれですが
動物をギフトとしてもらった人の中には
「勝手に贈られただけ」
まるで品物を返品するように
シェルターに動物を持ち込む人も少なくありません

贈るの人も勝手やけど、
シェルターに持ち込むのも人の勝手かと。



中にはゴミ箱から救出されるペットも


もちろんシェルターやきちんとしたブリーダーさんでは、「プレゼント」を理由の場合、譲渡や購入を断っています。しかしネットや個人売買、また一部のペットショップでギフトとして動物を購入する方がアメリカにもまだまだいらっしゃいます。
この“勝手”の悪い連鎖を
シェルターは懸命に断とうとしてるけど、
それでも動物を収容できる檻の数には限りがあり、
殺処分の数は必然的に高くなります。


被災地動物情報のブログ
特に小型犬種が目立ちます


動物が欲しいと家族や恋人が言ったら
きちんと話し合い、
どんなペットや犬種がいいか、
誰が散歩に連れて行くかなどの役割分担。
そしてペットと暮らす人全員が
飼う前に実際に動物と対面すること・・・。


ペットは飼う姿勢が整ってから迎えるものであって、
サプライズギフトで贈られるものではありません。



それに贈られる人とっても
そう言うキチンとしたコミュニケーションを取ることが
本当のギフトやと思うけど




被災地動物情報のブログ


先にも書いたとおり
アメリカのシェルターやブリーダーさんの中には
譲渡&購入理由に「ギフト」を挙げると
譲渡しない暗黙の了解があります。



被災地動物情報のブログ


それに比べて日本では
繁華街や深夜営業をしているペットショップがたくさんあり、
クリスマスセールと名売って
購入しやすい価格でペット販売し、
お酒が入ったノリや
夜中の寂しい気持ちに負けて
動物を飼い易い環境が揃っています


その短絡的な人の行動に対して
殺さなければならない命の数はあまりにも多すぎます






もしも子どもが新しいペットを欲しいと言ったら
動物を買うことの責任の重さを
プレゼントとして教えてあげてください。

命の大切さを教えるとゆー事は、
ペットの世話をさせるより
ペットを簡単に与えないことからも
学べます。





もし彼女が動物好きなら
ぬいぐるみで充分ではないのか、



ほんまに動物が好きな彼女なら
保健所の動物の話をすれば
プレゼントとして
動物を欲しがらないはずです

ほんまにサプライズギフトをあげたいなら
ごっつい指輪や車をあげてくださいー。


動物たちをプレゼントにしないで
動物たちにプレゼントを。





保健所ではエサやおもちゃ以外に
使い古しの毛布や筆記用具、スーパーの袋など
必要なものがたくさんあります。


今年の冬は少しでも不幸な動物が減りますように。




関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦
米国メリーランド州在住&アニマルレスキュー団体とシェルターの収容動物の保護&一時預かり&しつけ直しやTNR活動など、アメリカの動物福祉を勉強中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。申し訳ありませんが記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.推定13-15歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、ヴァージニア州のレスキューに保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中!

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定10歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定4歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

お友達サイト
FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

アニマルレスキュー・ラジオ in USA!アメリカのレスキュー事情、動物事情その他ペットに関する情報をお届けしています。

米国発!連載コラム「犬を知る!」

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

Be Mine. 2.14 動物達のバレンタインデー! by Big Tree for Animals
にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


QRコード
QR