FC2ブログ
  1. Top
  2. » USA動物事情
  3. » 日米感覚の違い。ペットを飼う時。

日米感覚の違い。ペットを飼う時。

これから少しずつですが、
以前のブログ<別☆MON>から
アニマルレスキューの記事を転写してきますー☆

以前読まれた方もおられると思いますが、
加筆している部分もあるので、
お付き合いくださーい、ふふ。

今日は「ペットを飼った時」の日米の違いデス。

最初に、2年前のものですが、
日本で「どうしてペットを迎えたか」
と言うアンケートです。
※このブログを読む?→HERE


自分が買いたくなって  36.7%
ペットショップで一目ぼれ 12.9%
家族が連れてきて 12.9%
もらった  10.2%

拾った   7.9%
そのほか  19.5%


赤文字にした所は、
アメリカや海外では非常識、
または法律で禁止されている項目です。


アメリカでもモチロン、
ペットショップやネットで動物を飼う人、
家族と相談しないでペットを飼う人、
プレゼントとしてペットを贈る人は
たくさんいます。

でも民度としてこれらがタブーやってことは、
日本よりも浸透していて、
「ペットショップの経営にはパピーミルが関係している」
「健康な犬はきちんとしたブリーダーから」
「保健所には家族が必要な動物が待っている」
「犬や猫には社会化と言う時期がある」

と言うことが広く広まってるように思います。

実際にアメリカでは犬猫の社会化を重視していて、
”生後8週間未満の動物の譲渡販売
法律で禁止されてるし、
ブリーダーさんや保健所では
譲渡前に動物と家族全員の面接を条件としているし、
動物を販売しているペットストアも
ほとんど存在しません。
※アメリカのペットストア?→HERE

アメリカでのペット入手法のランキングです。

1位 ブリーダーから
2位 保健所から譲渡
3位 ペットショップ
4位 ネットや個人間譲渡


これはボルチモア限定かもしれないけど、
ブリーダーからの購入が全体の40%、
また保健所からの譲渡が20~30%と言われています。


このブログはアニマルレスキューブログなので、
ブリーダーさんにはスポットを当てませんが、
こちらのブリーダーは日本のように、
何種類もの血統を扱うブリーダーはパピーミル以外稀で、
種族を守る使命感を持って、
1種類をブリーディングされています。

ちなみにブリーダーの中には
特定犬種のレスキューを立ち上げている方もおられます。


そして保健所からの譲渡に際しても、
アメリカは日本ほど
子犬子猫嗜好が強くないため、
また動物に限らずリサイクルが盛んな国なので
人が放棄した収容動物を家族に迎え入れることにも
抵抗があまりありません。

むしろ

「体格や運動量が把握しやすい」
「性格が判り易く先住ペットとの相性が判断しやすい」
「持病の有無が譲渡前にわかる」
「しつけが簡単」
「運動量の少ない老犬のほうが自分と釣り合う」
「老いた動物なら自分より先に死んでくれる」
(高齢者の譲渡者からの意見)

と成犬や成猫を好んで譲渡される方も多いです。

保健所にも成犬の利点が書かれてますー。

アメリカは狂犬病発生国でもあり、
数十年前までは日本と同じように
保健所は動物を殺処分する場所でした。


BUT、現在では収容される動物の数は多いものの
その半数は譲渡されていきます。

(ちなみに日本は96%が殺処分されていきます)

その成果には
保健所やアニマルレスキューグループの努力と
保健所収容動物に対する民度が
上がったからやと思います。


例えば、
保健所の収容動物をテーマにした
専門番組がたくさんあったり、
朝のニュース番組の中にも
「保健所で飼い主を探している動物」
のコーナーがあったり、

またこのブログでもよく紹介しますが、
著名人&有名人の動物愛護活動によって、
TVの前に座りながら、
保健所には新しい家が必要な動物がいる事を
知ることが出来ます。

そして、番組の中には
どうして収容動物が増えるのかと言うことに触れ、
パピーミルや動物の幼少期の社会化など、
日本ではあまり知られていない、
動物事情の詳細に触れることも
少なくありません。

モチロン、
アメリカでも
収容される動物の数は日本よりも多いし、
(年間6=800万頭、日本の約20倍)
闘犬や大規模なパピーミルなど、
まだまだ問題もたくさんありますが、
それでも日本より具体的に
収容動物を減らす活動が実行されています。

そんなUSアニマル事情を、
パピーミル、社会化から
次回UPしていきたいと思いますー☆
関連記事
スポンサーサイト



検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦&大学生
米国メリーランド州ボルチモア在住。シェルター(保健所)収容動物の引き取り&スラム街でのTNR(地域猫)活動など、アメリカで犬猫レスキュー活動中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.享年15-18歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、WV州で保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中! 2018年8月逝去。

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定11歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定5歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2021年06月 | 07月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


QRコード
QR