1. Top
  2. » レスキュー活動雑記
  3. » 盗まれた猫、戻ってきました!
☆お知らせ☆

お知らせ

当ブログで人気&オススメ記事の一覧です
http://dearpaws.blog.fc2.com/blog-entry-504.html

2014年12月
日本語版の「犬エネ」も書籍で発売開始!
日本語書籍の詳細へJUMP


2014年8月下旬
英語版の「犬エネ」本が電子書籍に続き、
ペーパーブックでも発売されました!

ペーパーブック詳細へJUMP



2014年1月31日に 英語の「犬エネ」電子書籍をアメリカで発売しました!

2013年2月に756円で発売を開始しました!

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」


2011年 8月18日
アニマルレスキューラジオがituneでも聞けるようになりました!



9月は動物愛護週間の日☆

盗まれた猫、戻ってきました!

先日、このブログにも掲載した、
ペットストアから盗まれた里親募集中の猫の事件。
(アメリカのペットストアでは犬猫の販売はしておらず、
保健所などから移譲された里親を探しているホームレス猫を展示しています。
※詳しくは→アメリカのペットストアで)


翌日、無事に戻ってきましたーー


(大人なので打線で消していますが、
今回はところどころに心の声が含まれています)

27日、ペットストアの譲渡コーナーからYIN-YANGと言う猫が盗まれた直後から
レスキュー関係者がフライヤーやFBでの拡散をしまくりました

たくさんの情報が寄せられた中、
猫を盗んだ3人組の知人を名乗る人から有力な情報が
テキストで送られてきました

そのテキストの概要は
「彼らは高校生でただバカげたことをしただけだ。
これ以上追及したり罪には問わないでほしい」
と。




防犯カメラに映った犯人。顔やゲージを壊す様子も



この猫には$2000(おおよそ23万円)の懸賞金がかけられていて、
なかなか猫の現状や詳細も教えてくれないし、
最初はお金目的のトラップじゃないかと思ったのですが、
「良い家にもらわれるなら猫を返してもいいと」




「良い家?」猫盗んで何言うてるねん???



その知人いわく高校生の3人組は、
「猫が良い人にもらわれて欲しくて救出(盗んだ)」のだと。
その猫はもう第3者にもらわれていて安全だと。

譲渡コーナーのゲージ壊して盗んだくせに。
お前ら、猫パクって売ったんちゃうんけ??


相手も捕まりたくないし、頭悪いしで、
交渉は思うように進まなかったのですが、
レスキュー団体の代表の粘り強い対応で最終的には、
無人にした譲渡コーナーに空のゲージを用意しておくので
そこに猫を戻すと言う約束で同意。

数時間後に、無事にYIN-YANGは戻ってきましたーー




YIN-YANGの元のフォスターボラさんと

戻ってきたYIN-YANGはいつも通り
リラックスしていてご機嫌ニャンコのままだと、良かった



このHAPPY ENDは地元のニュース1でも取り上げられ、
そのニュースを見た人から里親希望の申し込みが

この土曜日に希望者の面接が済んだら、
YIN-YANGは新しいお家の猫になりますーー




約束通り件賞金はお支払いいたしましたが、
個人的にTIPSTAR(情報提供者)に対しては
「犯人の身内で懸賞金を山分けしてるんちゃうか?」
と言う疑いは晴れないし、
警察もクレイムナンバー間違ったり、写真判定全然しないし、
何も情報つかめないし、協力的じゃないし、腰重いし、役立たずのくせに
ローカルニュースのインタビューは積極的に受けて、
そのくせ事件の日時間違えて答えてて
レスキューに「お前ら猫盗まれて1週間何してたんや?」って苦情もたくさんきたりしたけど、


猫が無事に戻ってほんとーーに良かった。

いつもよりダークな心の声が表に出た出来ごとやったけど、
戻ってきたYIN-YANGの姿を見ると、
結局、罪を追求して誰かを追い詰めるとか、
いろいろ手を尽くしても批判されるとか、
懸賞金のことなんかもどーーでもよくて、
猫の幸せと安全が何よりのご褒美。
あぁ、猫バカって幸せ


そして今回の事件ではもうひとつ、
人のネットワークやSNSの威力とゆーものを実感しました

ウチはFBとかって正直使いにくいし良く判らないけど、
イマドキの高校生にとっては
SNSによる追跡が一番の脅威やったらしいです

今回の件も、
日本から英語でリツイートしてくれた人がいたり、
それもきっと犯人たちを追い詰めた、解決に導いた要因やと思います

ウチは今まで「日本の事件やし」「海外のことやからウチには何もできない」
傍観している事が多かったのやけど、
これからはSNSにもうちょっと理解を示して、勉強して、
アメリカの田舎町からも世界の動物事情に加勢していければと思いました

拡散にご協力頂いた皆さんはもとより、
関心を示して頂いた皆さん、
そして動物たちに優しい皆さんに感謝しています。

皆さんや、動物たちに幸せな毎日がありますように。
そして動物たちにいじわるする人にも
動物たちとの幸せな日々が訪れますように☆
関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦
米国メリーランド州在住&アニマルレスキュー団体とシェルターの収容動物の保護&一時預かり&しつけ直しやTNR活動など、アメリカの動物福祉を勉強中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。申し訳ありませんが記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.推定13-15歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、ヴァージニア州のレスキューに保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中!

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定10歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定4歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

お友達サイト
FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

アニマルレスキュー・ラジオ in USA!アメリカのレスキュー事情、動物事情その他ペットに関する情報をお届けしています。

米国発!連載コラム「犬を知る!」

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

Be Mine. 2.14 動物達のバレンタインデー! by Big Tree for Animals
にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


QRコード
QR