1. Top
  2. » USA動物事情
  3. » 今日は不妊&去勢の日

今日は不妊&去勢の日

はーい、今年もSPAY DAYがやって来ました!
(不妊と去勢の日)

ちょうど先週ですかね、
引越しの時に捨てられた猫が
半年近くウロウロしているのでレスキューして欲しいと、
アパートの住人の方から依頼があり、
トラップ片手に足を運んだら猫が8匹に増えていたって言う(汗)。


この住人の方が半年間餌やりをされていて、
アパートの管理会社がいい顔をしておらず、
レスキューも夜間の活動になりました。


トラップの台数も全然足りないし、
とりあえず負傷した猫だけをレスキューして帰ってきました。
現在管理会社を説得してトラップ大作戦を計画中です。

ウチも何度となく体感していますが、
猫って本当に増えるのが早い!



猫の未去勢を警告するシェルターの看板
(この看板とは統計がちょっと違いますが、
2匹のペアの猫が毎年8頭子どもを産むと、
6年で300000になり、7年後には2百40万頭になるといわれています)

過去のSPAY DAYでは保護犬猫を中心に
不妊去勢手術の大切さを書いてきたので、
今日は家庭のペットにも共通する視点で
不妊去勢の必要性を考えていきたいと思います。
(資料:American Animal Hospital Association)

不妊去勢手術にはペットの健康維持の利点が
いくつか挙げられています。


メスの犬猫の場合は
最初の生理が来る前に不妊手術をすると、
乳腺癌が防げる可能性が高くなるといわれています。

ほかにもメスなら子宮疾患にかかる可能性もなくなり、
望まない出血や性格の変化なども防げるそうです。

去勢した犬なら前立腺の疾患にかかりにくくなり、
去勢した犬猫は精巣癌や炎症にかからなくなります。

オスの犬猫は生後6ヶ月以前に去勢してしまうと、
マーキングやアグレッシブな問題行動、徘徊が
未去勢の犬に比べて段違いに減るそうです。

アメリカの獣医さんでは大体、
メスなら生理の来る前、大体生後6ヶ月くらいでの不妊を。
オスでも生後6ヶ月くらいでの去勢を推奨していますが、
シェルターなどでは生後2~3ヶ月か、
猫なら3ポンド(約1.3キロ)で不妊去勢手術をするところもあります。

「ウチはペットに細心の注意を払っているから
不妊手術しなくても大丈夫!」


とおっしゃる飼い主さんもいらっしゃいますが、
シェルターには飼い主さんの望まない妊娠で産まれた
子犬や子猫が常時持ち込まれたり、
時には妊娠してしまったことを理由にペットを捨てる飼い主さんもいます。


シェルターや自治体で実施されている格安不妊の日。
MD州では猫同様に繁殖が懸念されるピットブルの不妊手術も
定期的に無料で実施しているシェルターがあります


手術と言うからには不妊/去勢手術にも多少なりリスクがあります。
不妊去勢手術は最終的には飼い主さんの判断になると思います。


我が家のフォスター犬の中にも妊娠を理由に捨てられた子がたくさん。
写真のマーガレットはフィラリアも陽性でした


アメリカでは毎年、
6~8百万頭の望まれない犬猫が殺処分されています。
レスキュー活動をしていると、不妊去勢手術さえしていれば
粗末に扱われなかった動物や、
死なされなかった命だったのかなと思う出来事がよくあります。

ちなみに今日はナショナルパンケーキDAYでもあります。
お昼は食事代が動物レスキューに寄付されるパンケーキ屋さんへ行き、
夜は飲食代が猫の不妊手術に寄付されるレストランに行きます。

妊娠してないのにお腹が大きくなりそうです^^;


・・・サンシャインスマイルよりお知らせ・・・・

ペットの不妊手術宣言 これ以上殺処分される犬猫を増やさないために

サンシャインスマイルでは
不妊去勢手術の必要性を周知するために、
「不妊手術宣言バナー」を数種類、無料で配布しています。

上のバッジをクリックすると詳細が見れまーす!


関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦
米国メリーランド州在住。シェルター(保健所)収容動物の引き取り&一時預かり&しつけ直しやスラム街でのTNR活動など、アメリカの動物福祉を勉強中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。アメリカで保護活動を進めるにあたり、どうしても学歴が必要になり、2018年秋から高卒認定試験GED&SAT受験のためブログはゆっくり更新中です。目標は大学院で、動物と人にとってより良い社会作りに貢献したいと思ってます。記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.享年15-18歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、WV州で保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中! 2018年8月逝去。

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定11歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定5歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

お友達サイト
FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

アニマルレスキュー・ラジオ in USA!アメリカのレスキュー事情、動物事情その他ペットに関する情報をお届けしています。

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

Ninja Tool
http://dearpaws.blog.fc2.com/
FC2ブログ
にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


QRコード
QR