1. Top
  2. » にちじょう
  3. » 2018年アリゾナ&ユタ旅行記

2018年アリゾナ&ユタ旅行記




・・・・・

たくさんUPしたBest friends訪問記。


この旅では野生動物ともたくさん出会いました。
この子はZION国立公園で見た野生の鹿、おっきかったよ


Best Friendsはほんとーーに素晴らしいシェルターやったけど、
実はBest FriendsのあるUtha州は、
Humane State rankingではいつも下位。
(動物に対して人道的な州ランキング)

このランキングは動物愛護法の有無や内容などもスコアにはいるので、
単に犬猫のレスキューや殺処分率を反映しているものではないんですが、
それでもやはり低い、去年のutha州は38位。

その理由をBest Friendsの方に聞いてみると
自治体運営のシェルターの中には殺処分率が高のに、
外部の団体に保護動物の委譲していないこと。
(里親探しに積極的でない地域があるということ)
生体展示販売をしているペットストアやパピーミルがあるなど、
課題がたくさんあるのよと言うことでした。


それでBest FriendsではNKUT
No Kill Utha(殺処分のないユタ州)と言う
新しい活動を始めているということでした。



殺処分ゼロのためには
譲渡数を上げるのもそうですが、
Population(望まない出産)を抑えるのも欠かせないということで、
ペットの不妊手術の普及とTNR(地域猫活動)にも
力を入れているということでした。


馬や羊の放牧をするカウボーイさんもいて、
犬達はペットと言うより仕事のパートナーとしての存在が大きい地域も。
未去勢の犬達でお小遣い稼ぎにブリーダーをする人もいるそうです。
(関連記事)バックヤードブリーダー In HAWAII
http://dearpaws.blog.fc2.com/blog-entry-119.html


今回の旅行では縁あって
ネイティブアメリカンの居住地にも滞在したのですが、
彼らも伝統に基づき、家の中に動物を入れないんですよね。

ここもあまり不妊去勢の意識が広まっていないようで、
ちょっと一昔前の日本と似てる気もしました。


放し飼いにされているワンコをたくさん見ました

犬達は雨の日も外で暮らしていて
車の下などを寝床にしていました。


車の下に子犬がたくさんいました

犬達は自然と同調して暮らしていて、
けっして不幸には見えなかったけど、
でもこの文化&習慣の違い、
人の生活での犬の位置づけの違いが、
なかなか減らない殺処分率とリンクしているのかなと感じました。

ウチ個人としては犬猫レスキューにかこつけて、
ほかの人や国の文化&習慣を批判するのは
ちょっと違うと思っているので、
尊重しながら理解を得て、変化を促していくのは、
ここでは時間がかかりそうやなと思いました。

それとこの旅のもうひとつの目的は、
5年前にセドナの友人にもらわれたセイント(旧やまと)に会うこと。



ワンパクも落ち着いて、
アイルさんにとっても大切に育てられていました。
※セイントも時々出てくるアイルさんのコラム
https://www.el-aura.com/contents/irugraham/

立派なスピリチュアル猫になっとった!

セドナ訪問は6年ぶり、
アイルさんに会うのもめっちゃ久しぶりでしたね、
かれこれ8年のお付き合いになります。

動物レスキューとスピリチュアルって共通点が
いろいろあるんですよね。


死が身近にあって、
無償の愛が根っこにあること、
利他的に生きることを体現すること、
人の上に人を作らない、
敵を作らない、
限界を設けない、
そして思想が実生活に反映され実践されないといけないこと。

ほかにもイロイロ共通点を感じる時があって、
ウチも動物達が見せてくれたたくさんの奇跡に立ち合い、
レスキューを始める前よりも、
神様や見えない存在を自分の近くに置いて暮らしているように思います。

とは言ってもまだまだ煩悩と我欲のお風呂が大好きで、
そのお湯に肩まで浸かりながら、鼻歌歌ってる毎日なんですけどね。


強さに変えたい弱さとズルさがたくさん。
本人はそれを”秘めたる可能性”と呼ぶ(笑)。


今回の旅行で充電もたくさん出来たし、
もうちょっとレスキュー活動でその辺りを磨けたらと思いまーす。

これからに期待して、気長に!!


関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦
米国メリーランド州在住。シェルター(保健所)収容動物の引き取り&一時預かり&しつけ直しやスラム街でのTNR活動など、アメリカの動物福祉を勉強中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。アメリカで保護活動を進めるにあたり、どうしても学歴が必要になり、2018年秋から高卒認定試験GED&SAT受験のためブログはゆっくり更新中です。目標は大学院で、動物と人にとってより良い社会作りに貢献したいと思ってます。記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.享年15-18歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、WV州で保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中! 2018年8月逝去。

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定11歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定5歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

お友達サイト
FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

アニマルレスキュー・ラジオ in USA!アメリカのレスキュー事情、動物事情その他ペットに関する情報をお届けしています。

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

Ninja Tool
http://dearpaws.blog.fc2.com/
FC2ブログ
にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


QRコード
QR