FC2ブログ
  1. Top
  2. » Foster Dogs&Cats
  3. » SNSで保護&里親さんを見つけたフォスター犬。

SNSで保護&里親さんを見つけたフォスター犬。

 外猫TNRの報告で紹介が遅れました、
新しいフォスターわんこです。


ierfgb;erufvnr 

スター・5歳・男の子

我が家に来てまもなく1か月ですかね。

保護当時のスターは、
ブドウ球菌に感染したか自己免疫疾患で、
顔がかさぶたで覆われていて、視力も失っていました。

【注意:ちょっと痛々しい写真が掲載されています】


sdjflbefzc.jpg 

ウチもちょうど猫からもらった
皮膚病の治療中で、
スターを引き取ってほしいと言われた時はちょっとした

真菌(親近感)

スターはアニマルコントロール(動物管理局。以下AC)が
飼い主さんに飼育能力がないと判断して保護した犬で、
それまでいろいろな経緯がありました。

テキサス州から来たスターは
5年前にシェルターから里親にもらわれたあと、
ずっと庭で外飼育されている犬でした。

今年に入って近所の方がスターを見かけた時、
スターの顔は真っ黒なカサブタで覆われ、
目が見えずに庭でフラフラしていたそうです。

ifuifbzerlfbzesrf.jpg 


我が家に来た日のスター。
目は弱視のままですが顔の状態は良くなってます。


それでこのご近所さんは管轄のACに
飼い主さんに手当てをするように指導するか
犬を保護してほしいと何度も連絡をしたのですが、
ACがスターを見に来る様子はありませんでした。

州ごとに動物愛護法や取り組みに格差があるアメリカで、
動物福祉ランキングでも最下位常連のテキサス州では、
ACのこのような対応も決して珍しくありません。
※参考:
動物福祉を根っこから変えるのに必要なこと

飼い主に顔を焼かれたと思ったご近所さんは
「ACが動いてくれないなら」とスターの写真を
SNSに載せたところ大拡散!



gviureoa;fgvaef 

結果、腰の重いACも動きましたが
飼い主さんへのバッシングも全米から届きました。

でもその後読んだACの報告書によると、
飼い主さんは故意にスターにやけどを負わせておらず、

「外飼育なので犬が焚火に顔を突っ込んだのかも知れない」と。

気が付いたら顔がただれていて
自分のお風呂上がりの保湿クリームを塗ってケアもしていたことが、
記録として残っていました。

fbeuwfbau;fofn 

SNSで「犬にやけどを負わせた」と非難を受けた飼い主さんは、
自宅も特定されたためにスターをACに譲りました。


その後、テキサス州のレスキュー団体を経由して
ウチに来ることになったスター、
顔も痛々しかったけど、
伸びて食い込んでる爪もありました。


bcuewiodau;jiwwe 

ここまで爪が伸びると中の神経も長くなっているので、
あらかた病院で切ってもらって、
グラインダーで少しずつ短くしていきます。


病院に連れて行ってわかったのですが、
爪や顔の炎症以外に、
ノミ&ダニ、ぎょう虫、フィラリア陽性で治療が必要になりました。

結局SNSで非難の焦点になっていた「やけど」は
時間がたちすぎていて真意はわからないまま。

でもスターは虐待されていた犬が良く見せるように、
社会化不足や人や手を怖がったり、
栄養失調と言うかんじではなかったので、
虐待はなかったんじゃないかなと思ってます。
(間違ってはいたけど保湿クリームも塗られてましたし)

vrbeo;aurnazedf 

痛い治療中も辛抱強く大人しくしています

スターの飼い主さんはもともと移民で、
犬の飼育も母国スタイルのまま。
悪いことをしているなんてこれっぽっちも思わずに、
スターを我流で育てていました。

(以下、賛同されないことは承知ですが正直に書きます)

ウチも長いことスラム街で
ペットを捨てる人や適性飼育をしない人、
動物虐待をした人や、闘犬で犬猫を死なせた人と話してきましたが、
結局、悪いことをしている意識のない人は悪者ではないんです。

意識に悪がない人を批判するのは、無を相手にするのと同じで、
それなら怒りや批判をちょっと脇に置いて
ちゃんと話して、説明したほうが

よっぽど活動としても動物にとっても建設的なんじゃないかなと思っています。

正義や良心からの行動でも相手を追い詰めたり拒否すると、
結局、暴力ってエネルギーは循環して、
違う形や人を介して動物に戻っていってしまうのではないかなと思います。

(ACののんびりすぎる対応や
詳しく書かないけど5年前にスターを譲渡したシェルターの
ずさんな記録の残し方は改善の余地ありと思っております)

スターの皮膚炎は結局時間がたちすぎていて
生検でもはっきりした理由はわかりませんが、
ぎょう虫とノミ&ダニは退治したし、顔もずいぶんと回復し、
SNSの騒動もすっかり落ち着きました。


ipgveraruod.jpg 

SNSで拡散されなければスターは今も保護されてなかったかも知れないけど、
情報が間違ったまま瞬時に拡散されたり、
目の前にいない人に簡単に怒りをぶつけることができてしまう
SNSの特性はちょっと扱いがむつかしいなと思うことがあります。


でもSNSでちょっとした有名人になったスターは
すぐに譲渡希望者が現れて、里親さんがもう決まっています!

こう言うのってSNSの素敵なところやなと思います。

今回は州をまたいでの譲渡になりそうなので、
もう少し炎症が落ち着くのと、
フィラリアの治療のタイミングを見計らって
スターは新しいお家にもらわれていきますー☆

関連記事
スポンサーサイト



検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦&大学生
米国メリーランド州ボルチモア在住。シェルター(保健所)収容動物の引き取り&スラム街でのTNR(地域猫)活動など、アメリカで犬猫レスキュー活動中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.享年15-18歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、WV州で保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中! 2018年8月逝去。

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定11歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定5歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2021年06月 | 07月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


QRコード
QR