1. Top
  2. » TNR(地域猫)活動
  3. » 7月の活動報告・その1

7月の活動報告・その1


 7月の活動報告は長くなったので、
2回に分けて書きまーす!!

野良&地域猫が忽然と姿を消した2019年・前半。


数か月ゼロ匹だった
黒猫の楽園には2匹戻ってきました!

このスラムも
都市開発が進んでこの数年は、
猫だけじゃなく人もどんどん減っていました。

顔見知りだった人たちも町を出て行っていたので、新規開拓。
(合法的に住んでそうな)住人の方に猫のことを聞いて回りました。


スクワッターさん(不法占拠者)がどんどん追い出され、
街はスラムと言うより幽霊街になりつつあります^^;


何軒目かのお宅でお話を聞いた方が、
最近この界隈で猫を捕まえている人を知っているということで、
日を改めて会いに行くことにしました!

会いに行く前からどんな人か聞いていたのですが、
猫を捕まえていたのは、
このエリアが地元ではないギャングの皆さん。
(文章を和ますため以降「わんぱくさん」と表現します)


元々いくつかあったわんぱくグループが街を去ったので、
新しく入っていらっしゃったんですかね???


5月に空き家の壁に書かれた落書き。
わんぱくさんが自分のテリトリーを示す意味だそうです。


わんぱくさん達は猫捕りに関しては素人で、
捕獲機を使わず
手づかみで猫を捕まえているみたい。
と言う事は捨て猫&人馴れした子だけ??


お話を聞いた時もキャリーを持っていはりました。

ウチも人の事言えないんですが、
みなさんの英語のなまりが強くて、
関西弁のイントネーションが出るウチの英語とで、
会話が結構チグハグ^^;


一応「捕まえた猫を売ってくれるなら私が買うよ」と伝えておきました。

猫が減った理由のひとつは分かったものの、
これ以上、この問題に介入することは出来ません。
何年通ってもアジア人のウチはここでは永遠にアウェイやし、
当たり前の事もここではルール違反になる事もありますしね。
※関連記事:アニマルポリス

決して出し渋りしているわけではないんですけど、
わんぱくさんがこのエリアに来て、
猫を取り始めたきっかけに知人が関係していたり、
捕まった猫の行く末とか書けないことが多くて・・・・。

地域猫から始まり、レスキュー活動、
(↑久々の絵文字連発!こー言う時、めっちゃ便利やな!!)

・・・夢を見ているようで、
なんかよーわからんけどイロイロ。
自分の中で上手く収めることが出来ませんでした。


それで気持ちを整理したいなーって
気分転換で行った
やモグラ叩きで元気戻って、
最終的にアメリカのAMAZONで写経にたどり着く。
("Shakyo"や”Chinese Calligraphy"で検索したら出てきます。
筆ペン付きのセットで買いましたー!)



そしたら写経がすんごく良くって!

若い時にお経を暗記した時には、
「空」や「無」って言う言葉を、
自分や人生を否定するような意味で捉えてたんですよね。

今回はね、なんかお経の意味がまっすぐ入ってきた感じ、
この二つの文字を「愛」って言葉に置き換えるともうね、完璧&無敵やん。

私もいない、あなたもいない、身体も罪もなーんもない。
(「なぜならもともと完璧やから!」←お経ハイ継続中です)

頭の中でドコとお経がどう繋がったのか上手く言えないけど、
なんかほんとすんごいイッキに腑に落ちたんですよね。
それはもう長い事たまってたが出たような爽快感。
(↑絵文字、大活躍!!)

この世界っていう夢をずっと見てたんやなって。

それやったら例えば、
この猫が減ったって言う夢を「愛」に置き換えて、
今までとは違う言動で夢を楽しい内容に上書きしていこうと。
お経には生も死も時間もないって書いてあるけど、
自分で生きてるって思ってる以上夢の中に居続けるわけやし、それなら尚更。



「生きる目的は人生を楽しく過ごすんじゃなくて、
人生と言う夢から目覚めること」
(by:般ニャ~心経)

そんなんでふと思いついたんですよね。

数年前までエデュケーションのイベントなんかもして、

今よりもっと地元の人と連携が密やったのに、
都市計画でどんどん人が減ってしまっていて、
そう言う活動をずっとしないままでいたなーって。


数年前まで定期的に開催していた
エデュケーションイベント

それでこれを機会にもう一度ローカルの人と繋がっていこうと。

今回の聞き込みをきっかけに出会った、
猫好きさんや地域猫に理解のある地元の人に、
猫のフードや医療費を支給するので、
自宅の裏庭での餌やりをお願いすることにしました!!

それでまたこのエリアの猫ネットワークが強くなればいいなと思います。

そんなこんなで長くなったので次回に続きまーす!
関連記事
スポンサーサイト



検索フォーム
プロフィール

Dear Paws

Author:Dear Paws
ライター&イエーな主婦&大学生
米国メリーランド州ボルチモア在住。シェルター(保健所)収容動物の引き取り&スラム街でのTNR(地域猫)活動など、アメリカで犬猫レスキュー活動中☆HSUS認定のEMERGENCY ANIMAL SHELTERING TRAINING(災害時動物支援&救援トレーニング)修了(2009年)。米国動物福祉NPO団体「Sunshine Smile」創立(2010年)。メリーランド神奈川県姉妹州委員会動物福祉コミッティ委員長(2013年)。記事や写真の転写&転載はお断りしています。リンクはフリーです☆

我が家の犬猫たち

ひなた

名:ひなた(犬)女の子.享年15-18歳
シェパード&チャウなどイロイロMIX。
08年、WV州で保護され我が家にやってきた野良ワン。食べる時以外はほとんど座布団化してる究極の寝犬。見た目のわりに気が小さく、生後3か月のフォスター猫にも先住犬のポジションを奪われる。モーレツな肉球臭を発生中! 2018年8月逝去。

きんぎょ

名:きんぎょ(猫)女の子。推定11歳
キジトラ猫.08年11月、地域猫から我が家のネコに。納豆、こんにゃく、海草、蕎麦etc. が好きなベジタリアン猫で、洗面台で洗顔したり、二足立ちや「お座り」と不思議な技を次々と披露。 なかなかの猫格者(人格者)で、フォスター動物が一番信頼する存在。でもフォスター犬に襲われて以来、犬に対して攻撃的な態度を 見せることも。

KAYA

名:KAYA(犬)女の子。享年13歳
ラブ&シェパMIX.13年8月より最長記録で預かっているフォスター犬。飼育放棄で我が家へ来て、20キロ近いダイエットに成功。持病のほかに、人に慣れない、ほかの犬を襲うなど紆余曲折ありましたが、すっかり家族の一員。家族への愛情が誰よりも強い、優しい子。2015年10月、脾臓癌で急逝。

そぼろ

名:SOBORO(猫)女の子。推定5歳
サビ猫.15年09月、甘えん坊ですが反射で強く噛むため、なかなか良縁に恵まれず、地域猫&フォスター猫から我が家のネコに。でもどんな苦境でもシャーしない、ご機嫌ニャンコ。おめめがいつでもキラキラ~☆

被災地動物情報のブログ:東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

姉妹サイト

このブログをリンクに追加する

お友達サイト
FAVORITE

電子書籍。犬との新しいコミュニケーション「犬のエネルギーを読む」

アニマルレスキュー・ラジオ in USA!アメリカのレスキュー事情、動物事情その他ペットに関する情報をお届けしています。

大切なペットの為の意思表示カード by Big Tree for Animals

Big Tree for Animals

Ninja Tool
http://dearpaws.blog.fc2.com/
FC2ブログ
にくきゅう手帳
にくきゅう手帳

最新記事
ブログテーマ一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


QRコード
QR